2009年01月26日

NHK大河ドラマ「天地人」第4回「年上の女」

【連ドラ情報】新大河ドラマ『天地人』も好発進 多彩なジャンルがそろった冬ドラマ

「篤姫」超える!常盤貴子、登場シーン発案・常盤貴子、夫役の妻夫木は「尊敬できる」

NHK大河ドラマ天地人」1/4〜

戦国時代の乱世に愛の文字を兜に掲げ、自分の信じた道を生きた武将・直江兼続妻夫木聡)の生涯を描く。

「愛」という字を前立にあしらった兜・・「愛」は「愛染明王」又は「愛宕権現」からの由来といわれている。兜は米沢市上杉神社稽照殿や米沢市の宮坂考古館に保管されている

原作:火坂雅志(2006年に発表)

脚本:小松江里子(2007年朝の連続テレビ小説『どんど晴れ』)

語り:宮本信子

NHK大河ドラマ天地人1/11第4回年上の女

天正元年(1573年)7月、越中の混乱を治めた上杉軍は春日山に戻り、祝い宴を開いていた。席上、だれもが、上杉景勝北村一輝)・上杉景虎(玉山鉄二))二人の活躍ぶりに酔いしれていた。

北条氏からの養子である上杉景虎(玉山鉄二)の身の上を、ずっと不憫(ふびん)に思っていた、上杉謙信阿部寛)は、上杉景虎(玉山鉄二)を真に上杉家の人間として迎えるため、上杉景勝北村一輝)の妹の華姫相武紗季)と婚儀を決意する。

早速、直江兼続妻夫木聡)は祝いの品を買いに、お船常盤貴子)と二人で、直江津の町に出かけた。帰り道、雨に降られた二人は、浜辺の漁師小屋で雨宿りをすることになり、気まずい雰囲気に陥る。

一方、その頃、兼続の実家の樋口家では、母・お藤田中美佐子)が病で床に伏すことが多くなっていた。

翌年、天下統一を狙う織田信長(吉川晃司)から、上杉謙信阿部寛)にいきなり洛中洛外図が送られてくる。

その絵には、御所に向かう謙信らしき武将の姿が描かれていた。直江兼続妻夫木聡)は、絵は信長の謙信に対する挑戦状と考え、真意を確かめるため、信長の使者として来た初音長澤まさみ)とともに、信長のいる岐阜城へと旅立つのだった。

大河ドラマ 天地人

初音長澤まさみ):真田幸村(城田優)の妹。忍び。信長に仕える。あらゆる事情に通じる。ふらりと現れては兼続に情報を流す。

◆真田幸村(城田優):天才軍師。若い頃人質として上杉家へ。兼続に温かい待遇を受け感激し、兄と慕う。


喜平次(後の景勝/溝口琢矢)
北高全祝(加藤武)
与六(後の兼続/加藤清史郎)

仙桃院高島礼子
北高全祝(加藤武)
父・樋口忽右衛門
母・お藤田中美佐子

家臣・泉沢久秀(東幹久)
天下統一を目指す織田信長(吉川晃司)

NHK大河ドラマ「天地人」第3回「殿の初恋」24.7%
NHK大河ドラマ「天地人」第2回「泣き虫余六」23.5%
NHK大河ドラマ「天地人」第1回「5歳の家臣」視聴率24.7%

ドラマに出演していたらつい見てしまう男性有名人ランキング 2009

★★NHK大河ドラマ『天地人』・話題★★★

★★★2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」★★★

2008年NHK大河ドラマ『篤姫』

★★★

長澤まさみ Fカップ巨乳解禁!?

(01/17)防災とボランティアの日


NHK大河ドラマ『天地人』直江兼続(妻夫木聡)

NHK大河ドラマ天地人」1/4〜

戦国時代の乱世に愛の文字を兜に掲げ、自分の信じた道を生きた武将・直江兼続妻夫木聡)の生涯を描く。

原作:火坂雅志
脚本:小松江里子
語り:宮本信子

直江兼続妻夫木聡

上杉家家老。頭脳明晰で容姿端麗、明るく素直な性格の持ち主。

上杉謙信から学んだ「義」の精神を貫き、主君・上杉景勝(北村一輝)のため一生をささげた。

下克上の戦国時代においてその忠義ぶりは珍しく、豊臣秀吉(笹野高史)から家臣にと熱望されても、堂々と断った。

★★★

主人公。明朗快活で義に厚く、その生涯を主君・上杉景勝のために尽くした。

容姿端麗で、「愛」という字を前立にあしらった兜姿はつとに有名。その義臣ぶりは、戦国の世でもひときわ目立つ存在だった。位の低い出自であったにもかかわらず自分を認めてくれた景勝には終生、恩を感じ、位の高低、富の有無で人間の価値を決めるような見方には強く反発する。主君・景勝とともに上杉謙信の薫陶を受け「義」の精神、民を愛し、民と生きる心を受け継いだ。知勇兼備の名将。
大河ドラマ 天地人

★★NHK大河ドラマ『天地人★★★

『天地人』子役の泣ける演技で視聴者獲得
「天地人」泣ける7歳子役が泣かせる演技

NHK大河「天地人」最終回は11月22日
大河「天地人」好スタートは「篤姫」視聴習慣の賜物か

篤姫超え!NHK大河「天地人」24.7%
NHK大河「天地人」 初回は21・8%
リストラ経営者は直江兼続の爪の垢を煎じて飲め

来年の大河「天地人」は爆笑の連続か
妻夫木、大河オープニングに落胆「監督に殺されるところだった」
「独眼竜」渡辺謙の娘・杏、政宗の妻役で大河デビュー
「天地人」の重圧に押し潰されそうな妻夫木聡
来年のNHK大河 「天地人」 主要配役4人新たに決定
09年NHK大河ドラマ『天地人』、新キャストに小栗、上地らの名前
吉川晃司、信長で親孝行!85年NHK出禁で親不孝も大河初出演
常盤貴子に長澤まさみ「09年大河」気になる配役事情
北村一輝が準主役!妻夫木が仕える武将・上杉景勝
<妻夫木聡>「伝える使命感を感じる」 NHK大河ドラマ「天地人」で主役・直江兼続
主演は妻夫木聡さん=来年のNHK大河ドラマ「天地人」

★★★2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」★★★

直江兼続なおえかねつぐ)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。上杉氏の家老。

父は長尾政景に仕えた樋口兼豊(木曾義仲の重臣樋口兼光の末裔という)、母は信州泉氏の娘(直江景綱の妹説もある)。仙桃院(謙信の実姉で景勝の母)の推薦で、幼い頃から景勝に近侍していたといわれるが、当時の様子が窺える史料は皆無であり、父・兼豊の身分についても見解が分かれている。米沢藩の記録書「古代士籍」「上田士籍」では長尾政景家老、上田執事との記載がある一方、「藩翰譜」によれば兼豊は薪炭吏だったという。

のちに諱を重光と改めるが、通例では初名の「兼続」と呼ばれることが多い

通説では、兼続は永禄3年(1560年)に樋口兼豊の長男として現在の新潟県南魚沼市に生まれ、永禄7年(1564年)に「上田長尾家」長尾政景が死去すると、謙信の養子となった上杉景勝(当時の名乗りは長尾顕景)に従って春日山城に入り、そのまま景勝の小姓・近習として近侍していたとされているが、これを立証し得る信憑性のある史料は極めて少ない。

江戸時代後期の講談や明治時代以降の講釈本などを中心に、兼続は謙信に才気と美貌を見出され、小姓・近習として近侍し、その寵愛深い衆道の相手かつ信頼の篤い近臣であったという俗説が世間に「定説」として広く流布し、現代でも時代小説や一般向けの歴史解説本などがこの俗説を「事実」として頻繁に採り上げているが、実際には生前の謙信と兼続の関わりを示す信憑性のある史料は存在自体一切確認されておらず、青少年期の兼続が謙信に近侍していたか否かは全く不明である[1]。

次節で述べられている天正8年の樋口与六時代の書状は、当時の兼続が景勝の配下としてその意思を代行していたことを示すものであるとされ、若年期よりの兼続と景勝の関わりを実証し得るものとされている

天正8年(1580年)8月から、景勝への取次役など側近としての活動が確認できる。8月15日(9月23日)には景勝印判状の奏者をつとめている。天正6年(1578年)の御館の乱では父兼豊と共に景勝方に付いた。

天正9年(1581年)、景勝の側近である直江信綱と山崎秀仙が毛利秀広に殺害されるという事件が起きると、景勝の命で直江景綱の娘で直江信綱の妻であったお船の方の婿として結婚(お船の方にとっては再婚)し、跡取りのない直江家を継いで越後与板城主となる。以後、兼続と狩野秀治の2人の執政体制に入る

天正11年(1583年)には山城守を称する。天正12年(1584年)末から秀治が病に倒れると、兼続は内政・外交の取次のほとんどを担うようになる。秀治の死後、兼続は単独執政を行ない、これは兼続死去まで続くことになった。当時の家臣たちは、景勝を「御屋形」、兼続を「旦那」と敬称し、事実上、二頭政治に近いものであった。天正14年6月22日(8月7日)、上洛の最中、主君上杉景勝は従四位下・左近衛権少将に昇叙転任するが、兼続も従五位下に叙せられる

慶長3年8月18日(1598年9月18日)に秀吉が死去すると、次の天下人として徳川家康が台頭するようになる。石田三成と懇意にあった兼続は、家康との対立を決意する。そして徳川家との融和を主張した上杉家重臣・藤田信吉と対立して追放に追い込み、さらに家康の度重なる上洛要求も拒むなどして、やがて関ヶ原の戦いの遠因となる会津征伐を引き起こした。

このときに家康を激怒させ、会津遠征を決意させる直接のきっかけとなった直江状の筆者として有名であるが、文面自体は後世の偽作であるともいわれている(家康家臣の日記等から、上杉側から何らかの返書があり、これを見て家康が激怒したこと自体は確かなようである)。

関ヶ原の戦いでは、兼続は東軍に与した最上義光の領地である山形に、総大将として3万人の精鋭を率いて侵攻した。義光は戦力集中の為、一部の支城の放棄を命じたが、畑谷城を守る義光の家臣・江口五兵衛などはこの命令を拒否して篭城、上杉軍はこれらの激しい抵抗を排除して攻略した。その後、同じく義光の家臣で、志村光安が守る長谷堂城と里見民部が守る上山城を攻める。5百名が守備する上山城攻めには4千名の別働隊があたり、守備側は野戦に出た。上杉軍は約8倍の兵力を持ちながら守備側に挟撃され、大混乱の末に多くの武将を失うなど、守備側の激しい抵抗に遭って攻略できず、別働隊は最後まで兼続の本隊に合流できなかった。長谷堂城攻めでは、兼続率いる上杉軍本隊が1万8千名という兵力を擁して力攻めを行ったが、志村光安以下1千名の守備兵が頑強に抵抗し苦戦する。逆に守備側2百名余りの決死隊の奇襲によって上杉軍陣中で同士討ちが発生するほどの大混乱に陥り、兼続の本陣近くまで攻められるという事態を招く。この戦いで上杉方の武将・上泉泰綱が戦死するなど多数の被害を出した(長谷堂城の戦い)。

その頃、美濃では関ヶ原本戦が行われていた。本戦で西軍が敗れた事が奥州に伝わると、上杉軍は長谷堂城攻略を中止して撤退を開始した。勢いに乗った最上軍と義光救援のために伊達政宗が援軍として派遣した留守政景軍が追撃してきて激戦になるが、水原親憲、前田利益ら上杉勢の諸将の奮戦もあって、米沢への撤退に成功した。この撤退戦は語り草となり、兼続は敵である義光、家康にも称賛され、旧日本陸軍参謀本部の日本戦史でも取り上げられているほど、見事なものだったという。

結果として上杉軍の最上侵攻は、山形の攻略が成らなかったばかりか、逆に反撃に出た最上軍に庄内地方を奪回され、また伊達軍の福島侵攻を誘発した。

慶長6年(1601年)7月、景勝とともに上洛して家康に謝罪する。家康から罪を許された景勝は出羽米沢30万石へ減移封となり、上杉氏の存続を許された。

その後は徳川家に忠誠を誓い、慶長13年1月4日(1608年2月19日)に重光に改名する。そして米沢城下に堤防を築いて町を整備し、殖産興業・鉱山の開発を推進するなど、米沢藩の藩政の基礎を築いた。その一方で上杉家と徳川家の融和を図り、本多正信とも交流があり慶長14年(1609年)には正信の取り成しで10万石分の役儀が免除されるなど上杉家に大きく貢献している。また、正信の息子である本多政重が一時兼続の養子となっていた時期がある。政重とは養子縁組が解消されても親交が続いている。

慶長19年(1614年)からの大坂の陣においても、徳川方として参戦し、武功を挙げた。

元和5年12月19日(1619年1月23日)、江戸鱗屋敷で病死した。享年60。

直江兼続 - Wikipedia


NHK天地人」 : 大河ドラマ情報
大河ドラマ 天地人 http://www3.nhk.or.jp/taiga/

天地人 (NHK大河ドラマ) - Wikipedia

NHK大河ドラマ天地人」特集 - @niftyテレビ番組表

天地人直江兼続生誕の地 新潟県南魚沼市

直江兼続 - Wikipedia

直江兼続とは?

直江兼続

天地人直江兼続米沢.com

posted by 天地人 at 04:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『天地人』・キャスト

NHK大河ドラマ『天地人』上杉衆(安部政吉ほか)

『天地人』子役の泣ける演技で視聴者獲得
「篤姫」超える!常盤貴子、登場シーン発案・常盤貴子、夫役の妻夫木は「尊敬できる」

NHK大河ドラマ天地人」1/4〜

戦国時代の乱世に愛の文字を兜に掲げ、自分の信じた道を生きた武将・直江兼続妻夫木聡)の生涯を描く。

上杉衆:越後国上田庄を本拠とする長尾氏の家臣団。結束が固く景勝を支え続けた。

泉沢久秀(東幹久)

安部政吉葛城信吾):リーダー格。幼少期から景勝に仕えた。織田軍との戦いで戦死

桜井晴吉松尾諭):景勝の家督争いで武功を上げる。景勝に従い、各地を転戦した。

甘粕景継パパイヤ鈴木):少年時代を兼続らとともに過ごす。武術にすぐれる勇気ある男。

深沢弥七郎松本実):長く>):景勝に仕え、>)景勝兼続の死後も上杉家を支え続けた。
posted by 天地人 at 03:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『天地人』・キャスト

『天地人』兼続の父母・樋口忽右衛門&お藤&与七&ミロ

篤姫超え!NHK大河「天地人」24.7%
NHK大河「天地人」 初回は21・8%


NHK 大河ドラマ 天地人 直江兼続 妻夫木聡 北村一輝

NHK大河ドラマ天地人」1/4〜

兼続の父・樋口忽右衛門高嶋政伸):坂戸城主・長尾政景の家臣で、低い身分から身を立てる。後に家老となり、兼続を支えた。

兼続の母・お藤田中美佐子):上杉家筆頭家老・直江景綱の妹。病弱だが、武家の妻らしくしんが強い面を持つ。

NHK大河ドラマ「天地人」第2回「泣き虫余六」
NHK大河ドラマ「天地人」第1回「5歳の家臣」

樋口与七小泉孝太郎):樋口忽右衛門の次男。後に武功を重ね、大黒実頼と名を改める。兄の兼続とは良きライバル



高嶋政伸たかしままさのぶ、1966年10月27日 - )

東京都出身。成城学園中学校高等学校、成城大学文芸学部卒。東宝エンターテインメント所属。『HOTEL』の主人公、赤川一平役が当たり役となり、以後真面目な青年役といった役柄を多く演じている。

妻は女優の美元(miwon)。

父は高島忠夫、母は寿美花代(女優・元宝塚歌劇団星組男役トップスター)、兄は嶋政宏(俳優)、義姉はシルビア・グラブ。実際は三男で、兄・政宏は次男(1964年8月、生後5ヶ月で家政婦に殺害された長兄がいた)。ヴァイオリニストの高嶋ちさ子はいとこにあたる。
2008年、『大韓航空機爆破事件から20年 金賢姫を捕らえた男たち 〜封印された3日間〜』で共演した美元と結婚することが分かり、2008年8月31日、東京・永田町の日枝神社で挙式を、帝国ホテルにて結婚披露宴を行った。9月8日には婚姻届を提出したもよう(妻がブログにて公表)。 高嶋政伸 - Wikipedia

高嶋政伸、電撃結婚!お相手は元準ミスユニバース・美元

田中美佐子たなかみさこ、本名・深沢 美佐子、旧姓田中 1959年11月11日 - )は、島根県隠岐郡西ノ島町出身

松江市の松徳女学院高等学校(現:松徳学院高等学校)卒業後、上京。東洋女子短期大学在学中に、劇団ひまわりに入団。短大卒業後の1981年、TBSの緑山私塾からドラマ『想い出づくり』でデビュー。当時の芸名は「田中美佐」であった。

1982年、『ダイアモンドは傷つかない』で映画初出演(主演)し、ヌードを披露。第6回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。写真集や、1983年の映画『丑三つの村』でもヌードを披露した。演技力でも高評価を得たが、ヌードが嫌で芸能活動を休止。移籍事務所を探した事もある。その時相談に乗ったのが萩本欽一であった。

1995年11月、付き人であった深沢邦之(Take2)と結婚。2002年12月、女児を出産。2004年10月20日発売『幻のメロディー3』には、かつてレコーディングした「二人は踊った」(LP『夢売りのピエロ』収録)が作曲者の歌唱により収録されている。

2005年10月より連続ドラマ『ブラザー☆ビート』で女優復帰。
田中美佐子 - Wikipedia

田中美佐子、はしのに「高齢出産聞いて」 2009年1月8日(木)8時0分配信 サンケイスポーツ

 女優のはしのえみ(35)が7日、東京・日本橋浜町の明治座で劇団青年座の俳優、綱島郷太郎(35)と元日入籍したことを発表した。

 舞台「あらん はらん しらん」は、心優しい大将(萩本)にほれる女泥棒(田中美佐子)や、二枚目役者に心が揺れ夫を捨てる妻(はしの)の姿を描いた人情コメディー。共演者も2人の結婚を祝福。43歳で第1子を出産した田中は、はしのに「高齢出産のことは何でも私に聞いて」。明治座で27日まで。

はしのえみ、出演中の舞台で夫婦揃って結婚を報告「今年中に式挙げます!」

★★NHK大河ドラマ『天地人』話題★★★

posted by 天地人 at 03:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『天地人』・キャスト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。