2009年03月19日

NHK大河ドラマ「天地人」第12回「命がけの使者」

「天地人」10話目まで「篤姫」上回る高視聴率

★★★

NHK大河ドラマ天地人」第12回「命がけの使者」(3/22)

長引く戦で春日山城の兵糧が尽きかけていた。直江兼続妻夫木聡)は兵糧を運び込む道を探るが、どこも景虎軍におさえられていた。

上杉影虎(玉山鉄二)のもとに、実兄、北条氏政(画面には登場せず)より援軍を知らせる書状が届く。上杉影虎(玉山鉄二)は、この機を利用して北条は越後に攻め込むつもりと、真の狙いを見抜く。

一方、甲斐の武田勝頼(市川笑也)のもとにも、越後に攻め込むよう、北条から書状が届く。家臣の高坂弾正(大出俊)は、上杉と同盟を結ぶべきだ、と諭すが、勝頼は取り合わない。

兼続は、かつて謙信が春日山を守る最後の要(かなめ)に据えた村、桑取に頼ることを思いつく。桑取は扱いにくい集落とされていたが、兼続は「人は話し合えばわかるもの」と、自ら使者になることを申し出る。桑取に向かう道で、兼続は一人の老婆、トメ(草笛光子)を助け、「話し合いに刀は無用」と刀を預ける。

桑取に着いた兼続は、桑取の長、斎京(さいきょう)三郎右衛門(高杉亘)を必死に説得するが、三郎右衛門は頑として応じない。そこに現れるトメ。実はトメは三郎右衛門の母であった。トメは三郎右衛門に、兼続が刀を預けて来たことを伝える。兼続の一途な気持ちを感じた三郎右衛門は、景勝に味方することを誓う。

その頃、北条軍が越後に近づいていた。

大河ドラマ 天地人

仙桃院高島礼子
上杉景勝北村一輝
お船常盤貴子
華姫相武紗季

★★★★

「まるでBLドラマ」NHK大河『天地人』に腐女子が熱視線!?(日刊サイゾー)

上杉謙信阿部寛
泉沢(東幹久)

父・樋口忽右衛門(高嶋政伸)
与七(小泉孝太郎)

NHK大河ドラマ「天地人」第11回「御館の乱」22.8%
NHK大河ドラマ「天地人」第10回「二人の養子」22.2%
NHK大河ドラマ「天地人」第9回「謙信死す」20.3%
NHK大河ドラマ「天地人」第8回「謙信の遺言」 23.1%
NHK大河ドラマ「天地人」第7回「母の願い」23.2%
NHK大河ドラマ「天地人」第6回「いざ出陣」24.4%
NHK大河ドラマ「天地人」第5回「信長は鬼か」24.2%
NHK大河ドラマ「天地人」第4回「年上の女」26.0%
NHK大河ドラマ「天地人」第3回「殿の初恋」24.7%
NHK大河ドラマ「天地人」第2回「泣き虫余六」23.5%
NHK大河ドラマ「天地人」第1回「5歳の家臣」視聴率24.7%


★★NHK大河ドラマ『天地人』・話題★★★

★★★2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」★★★

2008年NHK大河ドラマ『篤姫』



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。