2009年04月18日

NHK大河ドラマ「天地人」第15回「御館落城」

【KANSAIハヤ耳】男の“勝負”下着「甲冑パンツ」

天才子役の加藤清史郎、「天地人」に再登場

“篤姫効果”はどこへやら 出演者の尻すぼみ
宮崎あおいニヤッ…不倫?“手つなぎ泊”アイドル引退
長澤まさみ新作映画に落胆の声

★★★

NHK大河ドラマ天地人」第15回「御館落城」(4/12)

天正7年(1579年)1月、乱の始まりから10ヶ月・・武田と手を結んだことにより、御館の乱上杉景勝北村一輝)方の優勢となった。

越後の雪も、景虎方の加勢に来ようとしていた北条方の動きを鈍らせ景勝方の味方となりました。

上杉景勝北村一輝)の家臣から、御館に総攻撃を仕掛けるべきとの声が上がるが、直江兼続妻夫木聡)は仙桃院高島礼子)と華姫相武紗季)が気にかかる。

上杉景勝北村一輝)は仙桃院高島礼子)と華姫相武紗季)を引き渡すよう、上杉影虎(玉山鉄二)に書状を送るが、上杉影虎(玉山鉄二)は拒否する。

そんな折、お船常盤貴子)が、使者として御館に行くことを申し出る。

「男であろうと女子(おなご)であろうと主君のために身を尽くすのが家臣の役目・・上杉のために死ぬのも定め・・」

上杉家のためなら命も差し出すという、お船常盤貴子)の必死さに、上杉景勝北村一輝)も了承。

御館に着いた、お船常盤貴子)は仙桃院高島礼子)と対面し、戦の責任を感じているなら上杉の行く末を見届けるべき、死ぬよりもつらい思いが続きます・・と進言する。

仙桃院高島礼子)は、上杉影虎(玉山鉄二)上杉謙信阿部寛)の思いを無駄にしないためにも降伏してほしいと懇願。

「御屋形様がそなたを養子にしたのは、そなたの悲しみを知っておられたからじゃ・・子供の頃から北条の人質として他国に暮らし誰も信じることが出来ず、孤独に暮らしていた。御屋形様も孤独な方であった・・だからこそわが子とし、華をめとらせ幸せにしてやりたかったのじゃ・・今の有様を見たら御屋形様はなんと思うであろうか・・負けを認めるのじゃ・・そなたには、母もおる、華も道満丸もおる・・御屋形様がくださった大切なものを失おうとしている・・どうか戦を終えてはくれまいか・・」

上杉影虎(玉山鉄二)は降伏し、人質として嫡男の道満丸を差し出す。

天正7年(1579)3月17日・・

ところが、春日山へ向かう途中で道満丸が何者かに暗殺される。上杉影虎(玉山鉄二)は、上杉景勝北村一輝)の仕業と思い込み、反撃を開始、上杉景勝北村一輝)はやむをえず御館へ総攻撃を仕掛けることに。

上杉影虎(玉山鉄二)華姫相武紗季)とともに逃げるが、追いつめられ自害を決意する。

「もはやこれまでじゃ、北条の兄を頼ったところでまた裏切られるのがおち・・」

華姫相武紗季)は

「私は貴方様の妻にございます、どこまでも・・おそばにいたいのでございます、あの世までお供させてくださいませ・・幸せでございました、心からお慕いする方の妻となれたのですから・・道満丸のもとへまいりとうございます・・」

その寸前に直江兼続妻夫木聡)が現れ、道満丸暗殺が上杉景勝北村一輝)の仕業でないことを釈明。

「道満丸さまの件は我らの仕業ではございません、あの日、我らは殿の命を受け、道満丸様の警護に向かうべく、山を降りました・・しかし時すでに遅く・・影虎さまの降伏をよしとしないものたちの仕業だったのでございましょう・・面目次第もございません・・」

ようやく上杉景勝北村一輝)に裏切られたわけではないことを知った上杉影虎(玉山鉄二)だったが、上杉家の未来を上杉景勝北村一輝)に託し、華姫相武紗季)とともに自害を選ぶのであった。

上杉影虎(玉山鉄二)

「もはやわしに人を信じぬく力は残っておらん・・御屋形様の遺志を継ぎ、よき城主となられることを祈っている・・兼続、大儀であった・・悲しい戦であった」

上杉影虎(玉山鉄二)享年26歳・・「我生き過ぎたなり」・・新潟市妙高山・・関山神社

上杉影虎(玉山鉄二)へインタビュー(NHK天地人HPより)
華姫(相武紗季)へインタビュー(NHK天地人HPより)

★★★

泉沢(東幹久)
父・樋口忽右衛門(高嶋政伸)
与七(小泉孝太郎)
仙桃院高島礼子
華姫相武紗季

★★★★

ビデオリサーチが研究する「録画率」の衝撃

注目番組の視聴率 2009年3月27日
「天地人」10話目まで「篤姫」上回る高視聴率
「まるでBLドラマ」NHK大河『天地人』に腐女子が熱視線!?(日刊サイゾー)

上杉謙信阿部寛

NHK大河ドラマ「天地人」第14回「黄金の盟約」19.7%
NHK大河ドラマ「天地人」第13回「潜入!武田の陣」17.8%
NHK大河ドラマ「天地人」第12回「命がけの使者」21.8%
NHK大河ドラマ「天地人」第11回「御館の乱」22.8%
NHK大河ドラマ「天地人」第10回「二人の養子」22.2%
NHK大河ドラマ「天地人」第9回「謙信死す」20.3%
NHK大河ドラマ「天地人」第8回「謙信の遺言」 23.1%
NHK大河ドラマ「天地人」第7回「母の願い」23.2%
NHK大河ドラマ「天地人」第6回「いざ出陣」24.4%
NHK大河ドラマ「天地人」第5回「信長は鬼か」24.2%
NHK大河ドラマ「天地人」第4回「年上の女」26.0%
NHK大河ドラマ「天地人」第3回「殿の初恋」24.7%
NHK大河ドラマ「天地人」第2回「泣き虫余六」23.5%
NHK大河ドラマ「天地人」第1回「5歳の家臣」視聴率24.7%

★★NHK大河ドラマ『天地人』・話題★★★

★★★2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」★★★

2008年NHK大河ドラマ『篤姫』



華姫(相武紗季)へインタビュー(NHK天地人HPより)

ブロガー唖然!?『天地人』
このところトーンダウンで「篤姫」になれない「天地人」

★★★

NHK大河ドラマ天地人

華姫(相武紗季)へインタビュー(NHK天地人HPより)

華姫と景虎が悲しい最期を迎えてしまいましたが、滅びゆくなかにも相手を思いやるしっかりとした愛ときずなを感じることができたので、とてもよかったと思います。

もともと華姫が景虎に恋をしたのも、ただ美しさにひかれただけではなく、きっと景虎なら自分の寂しさを埋めてくれる相手だと思ったからなんでしょうね。一見、何不自由のないお姫様だけれど、実は華姫もまた常に孤独な面を持ち合わせていたような気がします。

それは演じているうちに気づかされた感情なのですが、この時代は血縁というきずなは深くても、兄妹は離ればなれで育ち、母上にも思うように甘えることができなかった。その寂しさが、景虎の孤独を敏感に感じ取り、この人とならお互いの心のすき間を埋め合うことができると思えたんじゃないかしら。

そんな華姫の思いはすごく理解できます。人はだれでも、甘えたいときに甘えられることが大事だったり、どこかで自分の気持ちをさらけ出せる相手が必要だと思うんです。景虎の優しさ、おだやかさに包まれたことで、華姫は自分の寂しさがいやされた。それは景虎も同じことで、華姫にだけは心の弱みを打ち明けることができた。そんなふうにしてお互いの結びつきは深まっていき、血縁以上のきずなが生まれていったんだと思います。

謙信が亡くなり、景虎がしだいに辛い状況に追い込まれていったとき、ちょっとした行き違いから景虎に背を向けられてしまいました。あのときは、支えてあげられない自分を責める気持ちと、状況を変えることのできないかっとうで本当に悩んだと思います。

心配だし不安だし、怒りも感じるし、悲しい気持ちにもなる。それでも景虎に対する愛情はほんのわずかでも薄れることはなかった。きっともう一度、振り向いてくれると信じて、希望を持ちながら景虎に全身でぶつかっていくんです。裏読みしたり、ひがんだりせず、一生懸命ぶつかって「わかろう、わかろう」とする。本当に一途だし、芯の強い女性なんだなと、演じていても心強かったですね。

その、まっすぐさが景虎の心を溶かすきっかけになったのですが、ただ、どうしても思いが伝わらないなら「ここで死にます」と短刀を手にしたシーンがありました。あれは、決してカッとしたわけでも、投げやりになったのでもない。華姫の決意を表す行為で、それがうそっぽく見えたら絶対に景虎に伝わらない。まさに紙一重のところだったと思います。

時代劇は初めてなので、所作やセリフにとらわれて感情移入が難しかったり、いろいろ悩むところもありました。でも、完ぺきさを求めつつも、逆に初めてなのだからできないことが当たり前だと思って、ためらわない。難しくても当たり前で、できたらうれしいし、よかったと思う。そんなふうに考えて取り組んできました。

また時代劇のセットや扮装もすごく助けになりましたね。スタジオに入ると今まで感じたことのない感情がわき出てくるんです。一瞬、私はこの時代に生きているんだって勘違いするような……。その場の空気が私をさらってくれたような気がします。

最期のシーンは、本当に何回もリハーサルを重ねました。ドラマを見てくださっている方たちに、どうしたらふたりの感情を伝えられるのだろうかって。ただ、死んでいくというだけでは何かが伝わらないような気がして、すごくこだわって撮っていたような気がします。

私自身は、お芝居の流れだけを読んで現場に入り、あとはその場の空気感に任せるしかないなと思っていました。実際、スタジオに入ったらすごく悲しくなってきて。それなのに責めるべき相手が見つからないんです。なぜ、こんなことになったのか。なぜ、子どもを殺されなければいけなかったのか。兼続を責めればいいのか。がむしゃらに、いろんな人を責め続けただろうとは思うのですが。

道満丸の側に行きたいというセリフを言うだけで、母としての感情があふれ出し、何回本番を撮り直しても涙が止まりませんでした。複雑な感情が絡み合って勝手に涙が出てきてしまう。それでいて気持ちは妙に落ち着いているという不思議な感覚を味わいました。

でも、いよいよ最期を迎えたときは、切ないし悲しいけれども、どこかで幸せを感じてもいました。景虎と一緒になれたことが華姫にとって一番の喜びで、その人と人生を遂げられる。たったひとりで去っていくのではない、隣に愛しい人がいて、最期の瞬間も一緒に過ごすことができた。悲劇のなかに、その喜びを表現できたらと思っていたので、すごく切なかったけれど、笑顔で景虎を見送り、笑顔で死んでいくことにしたんです。

そのせいか、すべてのシーンを撮り終わった瞬間、とてもおだやかな気持ちになりました。そして、心の底から華姫という役を演じさせていただいてよかったと思いました。

大河ドラマ 天地人

華姫相武紗季

NHK大河ドラマ「天地人」第15回「御館落城」19.6%
posted by 天地人 at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『天地人』・話題

NHK大河ドラマ「天地人」第16回「信玄の娘」

ブロガー唖然!?『天地人』 このところトーンダウンで「篤姫」になれない「天地人」 主演映画から官能シーンが消えて置いてきぼり必至の長澤まさみ 長澤まさみ新作映画に落胆の声 ★★★ NHK大河ドラマ天地人」第16回「信玄の娘」(4/19) 直江兼続妻夫木聡)は上杉景勝北村一輝)から家老になるよう持ちかけられる。 御館の乱の責任を感じて上杉家から退こうとしていた直江兼続妻夫木聡)だったが、上杉景勝北村一輝)は、苦しくても越後を守らなければならないと説得する。 一方、織田信長(吉川晃司)の軍勢は越中に侵攻、その脅威が越後にも迫っていた。 そんな折、武田との和ぼくの証として、武田勝頼(市川笑也)の妹・菊姫(比嘉愛未)上杉景勝北村一輝)の妻となる。 婚儀の夜、武田を守ると誓ってほしいと迫る菊姫(比嘉愛未)に、上杉景勝北村一輝)は約束はできないと正直に答えてしまう。 上杉景勝北村一輝)の婚儀の知らせは徳川家康(松方弘樹)のもとにも届く。上杉家に優秀な策士がいるとにらんだ家康は、服部半蔵(画面には登場せず)に探りを入れさせる。 上杉景勝北村一輝)と菊姫(比嘉愛未)の夫婦仲を案じた直江兼続妻夫木聡)は、仙桃院高島礼子)に菊姫(比嘉愛未)に会ってほしいと願い出る。 仙桃院高島礼子)と菊姫(比嘉愛未)が話しているとき、直江兼続妻夫木聡)が現れ、菊姫(比嘉愛未)に見せたいものがあると執拗(しつよう)に言う。 それは越後に春の訪れを告げる雪割草であった。直江兼続妻夫木聡)はこの花のように心を開いてほしいと菊姫(比嘉愛未)に懇願、菊姫(比嘉愛未)も打ち解けるようになる。 上杉景勝北村一輝)は、景虎方の残党を一掃し越後を平定。ようやく御館の乱が終結する。 直江兼続妻夫木聡)は家老となり、上田衆もそれぞれ城持ちとなる。 しかし、重臣のなかには直江兼続妻夫木聡)の出世を快く思わない者もいて、やがてそれが信綱(山下真司)の身に…。大河ドラマ 天地人 【KANSAIハヤ耳】男の“勝負”下着「甲冑パンツ」 天才子役の加藤清史郎、「天地人」に再登場 “篤姫効果”はどこへやら 出演者の尻すぼみ 宮崎あおいニヤッ…不倫?“手つなぎ泊”アイドル引退 長澤まさみ新作映画に落胆の声 ★★★ 泉沢(東幹久) 父・樋口忽右衛門(高嶋政伸) 与七(小泉孝太郎) 仙桃院高島礼子華姫相武紗季上杉影虎(玉山鉄二) お船常盤貴子上杉謙信阿部寛) ★★★ ビデオリサーチが研究する「録画率」の衝撃 注目番組の視聴率 2009年3月27日 「天地人」10話目まで「篤姫」上回る高視聴率 「まるでBLドラマ」NHK大河『天地人』に腐女子が熱視線!?(日刊サイゾー) NHK大河ドラマ「天地人」第15回「御館落城」19.6% NHK大河ドラマ「天地人」第14回「黄金の盟約」19.7% NHK大河ドラマ「天地人」第13回「潜入!武田の陣」17.8% NHK大河ドラマ「天地人」第12回「命がけの使者」21.8% NHK大河ドラマ「天地人」第11回「御館の乱」22.8% NHK大河ドラマ「天地人」第10回「二人の養子」22.2% NHK大河ドラマ「天地人」第9回「謙信死す」20.3% NHK大河ドラマ「天地人」第8回「謙信の遺言」 23.1% NHK大河ドラマ「天地人」第7回「母の願い」23.2% NHK大河ドラマ「天地人」第6回「いざ出陣」24.4% NHK大河ドラマ「天地人」第5回「信長は鬼か」24.2% NHK大河ドラマ「天地人」第4回「年上の女」26.0% NHK大河ドラマ「天地人」第3回「殿の初恋」24.7% NHK大河ドラマ「天地人」第2回「泣き虫余六」23.5% NHK大河ドラマ「天地人」第1回「5歳の家臣」視聴率24.7% ★★NHK大河ドラマ『天地人』・話題★★★ ★★★2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」★★★ 2008年NHK大河ドラマ『篤姫』
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。