2009年04月25日

NHK大河ドラマ『天地人』豊臣秀吉(笹野高史)

ブロガー唖然!?『天地人』ほか、天地人話題&第1回〜第16回

★★★

男性が“なりたい顔”、1位は福山雅治
草なぎ剛さん謝罪会見「SMAPメンバーに戻りたい」

★★★

NHK大河ドラマ天地人第17回「直江兼続誕生」(4/25)

豊臣秀吉笹野高史)信長の後を継ぎ、天下統一を成し遂げる。その後、大坂城を築き関白・太政大臣に任ぜられる。「人たらし」として知られるほど人間関係の結び方に長けていた秀吉だったが、天下人になっていくにつれ、周囲がイエスマンばかりになっていく。

裏切られるのではないかという不安に常に怯える中で、秀吉は、利害関係に基づかない、兼続と景勝の純粋な主従関係を羨ましく思い、兼続を引き抜こうとする。大河ドラマ 天地人

豐臣秀吉(とよとみ の ひでよし/とよとみ ひでよし)/羽柴 秀吉(はしば ひでよし)は、戦国時代(室町時代後期)から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。本姓は豊臣氏。生まれは尾張国の半農半兵の家。はじめ木下氏を名字とし・羽柴氏に改める。本姓としては、はじめ平氏を自称するが、近衛家の猶子となり藤原氏に改姓した後、豊臣氏に改める。

尾張国愛知郡中村の百姓として生まれ、織田信長に仕え、次第に頭角を表す。信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると、中国大返しにより京へと戻り、山崎の戦いで光秀を破り、信長の後継の地位を得る。その後、大坂城を築き関白・太政大臣に任ぜられた。豊臣姓を賜り、日本全国の大名を従え天下統一を成し遂げた。太閤検地や刀狩などの政策を採るが、慶長の役の最中に、嗣子の秀頼を徳川家康ら五大老に託して没した。

墨俣の一夜城、金ヶ崎の退き口、高松城の水攻め、石垣山一夜城など機知に富んだ逸話が伝わり、百姓から天下人へと至った生涯は「戦国一の出世頭」と評される。

豐臣秀吉 - Wikipedia

豊臣秀吉
豊臣秀吉

笹野高史ささのたかし、1948年6月22日 - )は、兵庫県津名郡一宮町(現淡路市)出身の俳優。日本大学芸術学部中退。自由劇場を経て、グランパパプロダクション所属。身長167cm、体重57kg。特技はトランペット。

コミカル、シリアス、真面目、堅物と、どのような役柄でも独特の味わいを見せる。山田洋次監督作品の常連でもあり、時代劇には欠かせない存在である。原則としてくる仕事を拒まないことから『ワンシーン役者』を自称する

淡路島の造り酒屋に四男として誕生するが、幼くして相次ぎ両親を亡くした。

日本大学芸術学部映画学科在学中の1968年に自由劇場にスタッフとして入団する。一時は船員になったこともあったが、元々の夢である俳優を諦めきれず、1972年に『ヴォイツェク』で初舞台を踏み、俳優活動を開始。1979年の舞台『上海バンスキング』のバクマツ役で注目された。1982年には同劇場を退団するが、舞台には座友として参加する。

『コクーン歌舞伎』、『平成中村座』などにも出演し、淡路屋の屋号を持つことで知られる。歌舞伎出演の記者会見では「民間からの参加です」と言っている。新派劇にも水谷八重子、波乃久里子の相手役で参加する事が多い。

1985年の『男はつらいよ 柴又より愛をこめて』以来、山田洋次監督作品の常連者となる。原則として来る仕事は拒まず、ワンシーン役者を自称して活動を続け、2007年には山田監督の『武士の一分』で第30回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞をはじめ数々の賞を受賞した。

また、「どんな役にもカッコよさがある」をコンセプトとしており、台詞の裏に隠された役の深みを知るために台本の余白部分には担当役の履歴書を自分なりに書き込んでいる。

長く独身であったが42歳にして17歳年下の劇団研究生の女性と結婚した。2000年代に入ると、バラエティ番組にも出演するようになり、年の差結婚と年の離れた4人の息子たちがトーク番組でよくネタにされた。

近年では髪の毛が少なくなってきていることもあり老人の役を演じる事が多い。また、頑固な公務員・教師を演じさせたら右に出る者はいないといわれている。

また役者になるまえは船員としての経験があり、海の荒波できたえられたタフガイでもあり、プライベートでは演技で見せるひ弱さは一切感じられない。

笹野高史 - Wikipedia




★★★

ブロガー唖然!?『天地人』ほか、天地人話題&第1回〜第16回

★★NHK大河ドラマ『天地人』・話題★★★

★★★2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」★★★

2008年NHK大河ドラマ『篤姫』

NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』



posted by 天地人 at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『天地人』・キャスト

NHK大河ドラマ『天地人』徳川家康(松方弘樹)

ブロガー唖然!?『天地人』ほか、天地人話題&第1回〜第16回

★★★

男性が“なりたい顔”、1位は福山雅治
草なぎ剛さん謝罪会見「SMAPメンバーに戻りたい」

★★★

NHK大河ドラマ天地人第17回「直江兼続誕生」(4/25)

徳川家康松方弘樹):秀吉の死後、次の天下人として台頭。兼続・三成共通の敵。兼続は「謀反の兆しあり」と言いがかりをつけてきた家康に、「直江状」と呼ばれる挑発的な内容の返書を送って家康を激怒させ、「関ヶ原の戦い」の遠因となる会津討伐を引き起こした。

関ヶ原は家康の勝利に終わり、本来なら兼続も切腹のはずだったが、兼続の筋の通った態度が家康をも魅了し、米沢30万石に減封(げんぽう)されながらも、上杉家は存続することとなった。
大河ドラマ 天地人

コ川家康とくがわいえやす)は、日本の戦国武将・江戸幕府の初代征夷大将軍。 本姓は当初藤原氏と、次いで源氏と名乗った[1]。家系は三河国の国人土豪・松平氏。

永禄9年12月29日、勅許を得て徳川氏に改姓。徳川氏の祖。通称は次郎三郎。幼名は竹千代。

死の直前、太政大臣に叙せられている[2]。

死後、江戸時代を通じて、御家人・旗本には「神君」、「東照宮」、一般には「権現(様)」(ごんげん-さま)と呼ばれていた。

応仁の乱以降100年以上続いた戦乱に終止符を打ち、織田信長、豊臣秀吉により統一された天下を更に磐石のものとし、264年間続いた江戸幕府を開府し、その礎を築いた。日光東照宮・久能山東照宮などで「東照大権現」(とうしょうだいごんげん)として祀られている。

戦国時代に、三河国・岡崎に岡崎城主・松平広忠の子として出生。幼名は竹千代。当時の松平氏は弱小であり、広忠は臣従していた今川氏に竹千代を人質として差し出す事となった。一時、家臣の裏切りにより織田氏の人質となるが、最終的には当初の予定通り今川氏に送られた。

今川氏の元で人質として忍従の日々を過ごすが、桶狭間の戦いにおいて今川義元が討たれた後、今川氏の混乱に乗じて独立し、織田信長の盟友(事実上は客将)として版図を広げていく事となる。やがて、本能寺の変において信長が明智光秀に討たれると、その混乱に乗じさらに勢力を広げた。

豊臣秀吉との小牧・長久手の戦いを経て豊臣氏に臣従。秀吉の元で、家康は最大の領地を得る事となり、豊臣政権の五大老筆頭となる。秀吉の死後、関ヶ原の戦いに勝利し、天皇から征夷大将軍に任ぜられ、江戸に幕府(江戸幕府・徳川幕府と呼ぶ)を開いた。

1. 徳川家康 - Wikipedia

2. 徳川一族
3. 徳川家康
4. 徳川家康(松方弘樹) - @niftyテレビ番組表「天地人」特集
5. 徳川家康公

松方弘樹まつかたひろき、本名:目黒 浩樹(めぐろ こうじゅ)、1942年7月23日 - )は日本の俳優。所属事務所はバーニングプロダクション。血液型はA型。

時代劇俳優近衛十四郎と女優水川八重子の長男。
弟は俳優の目黒祐樹。
義妹は女優の江夏夕子。前々妻との間に長男の目黒大樹、前妻で女優の仁科亜季子との間に次男の仁科克基と長女の仁科仁美、元愛人で女優の千葉マリアとの間に四男の十枝真沙史、弟の祐樹と義妹の江夏の間に姪の近衛はながおりそれぞれ芸能界に入っている。

元来は歌手志望であり、作曲家の上原げんとの下で五木ひろしらと席を並べて歌を学んでいたが、五木の歌声を聞いているうちに自信を無くし、父と同じ俳優の道に入った。

17歳で東映から俳優デビュー。当初は北大路欣也とライバル視されていた。以来長年東映に所属し、時代劇、ヤクザ映画を中心に活躍し、多くの主演作を残している。1969年から1970年には亡くなった市川雷蔵の代わりに大映にレンタル移籍し、ここでも数々の主演作がある。1970年春、ダイニチ映配設立に反対して永田雅一社長の逆鱗に触れて、半年干される。 大映の倒産直前の1971年春に東映に復帰。脇役が多かったが、1973年から始まる菅原文太主演の「仁義なき戦い」シリーズでの鬼気迫る演技が認められ、1970年代半ば以降は東映ヤクザ映画の主演スターとして大活躍するようになる。1990年代の終わり頃からはVシネマで活躍することが多くなる。

大物俳優としての豪快さと貫禄を感じさせる言動も多い一方、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』などのバラエティ番組で涙を流しながら笑い転げたり、飲みの席で客人に自ら水割りを作ってふるまうなど飾らない一面を見せることもある。多くの名優との交友関係も知られ、その温厚な性格から芸能界での人望も厚いと伝えられる。

だが、その一方で華やかな女性関係や2度の離婚などで私生活でも話題が多かった。仁科亜季子との離婚時、松方の家庭内暴力がマスコミに喧伝され、イメージ低下により多くの芸能活動を降板した経緯がある。また、かつて不倫が発覚した際に、パイプカットをしたことで話題になった。

趣味は釣りで、年に何度か山口県萩市の見島沖、八里ヶ瀬と呼ばれる海域周辺でマグロの一本釣りを楽しんでいる。実際、見島のある旅館には松方弘樹と名前が書かれた釣り道具が常置されている。マグロ釣り大会の実行委員を務めるほどで2008年11月23日に行われた大会では約350sのクロマグロを釣り上げ、195万円の値がついた。

その他には滋賀県の雄琴にあったソープランド「千姫」のオーナーも勤めていた事があった。

松方弘樹 - Wikipedia

★★★

ブロガー唖然!?『天地人』ほか、天地人話題&第1回〜第16回

★★NHK大河ドラマ『天地人』・話題★★★

★★★2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」★★★

2008年NHK大河ドラマ『篤姫』

NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』

posted by 天地人 at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『天地人』・キャスト

NHK大河ドラマ『天地人』明智光秀(鶴見辰吾)

ブロガー唖然!?『天地人』ほか、天地人話題&第1回〜第16回

★★★

男性が“なりたい顔”、1位は福山雅治
草なぎ剛さん謝罪会見「SMAPメンバーに戻りたい」

★★★

NHK大河ドラマ天地人第17回「直江兼続誕生」(4/25)

明智光秀鶴見辰吾):将軍家再興を志す足利義昭と織田信長の間を取り持つ。義昭が信長に追放された後も信長の重臣として仕える。

しかし、衆人の面前で罵倒(ばとう)されたり、光秀の功績を踏みにじるかのような信長に対し、ついに謀反を決意。本能寺で信長を自刃に追い込む。大河ドラマ 天地人

明智光秀あけちみつひで)は、戦国時代、安土桃山時代の武将。本姓は源氏。家系は清和源氏の一家系で摂津源氏の傍流で、美濃源氏の流れを汲む土岐氏の支流である明智氏。通称は十兵衛。雅号は咲庵(しょうあん)。

正室は妻木範煕の娘煕子。2人の間には、織田信澄室、細川忠興室珠(洗礼名:ガラシャ)、嫡男光慶(十五郎)がいる。

明智光秀 - Wikipedia

No.042 明智光秀は殺されていなかった!
新説・日本の歴史第23弾 明智光秀と天海
明智光秀の生涯


★★★

ブロガー唖然!?『天地人』ほか、天地人話題&第1回〜第16回

★★★2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」★★★

2008年NHK大河ドラマ『篤姫』

NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』

posted by 天地人 at 09:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『天地人』・キャスト

NHK大河ドラマ『天地人』武田勝頼(市川笑也)

ブロガー唖然!?『天地人』ほか、天地人話題&第1回〜第16回

★★★

男性が“なりたい顔”、1位は福山雅治
草なぎ剛さん謝罪会見「SMAPメンバーに戻りたい」

★★★

NHK大河ドラマ天地人第17回「直江兼続誕生」(4/25)

武田勝頼市川笑也):武田信玄の四男。信玄の死で家督を相続した。長篠の戦いで織田・徳川連合軍に敗れ、武田家は衰退していく。上杉家の後継者争い「御館の乱」で、それまで対立していた越後と同盟を結び、妹の菊姫を景勝に嫁がせる。しかし、信長の武田攻めで追い詰められた末に自害。武田家は滅亡する。
大河ドラマ 天地人

武田勝頼たけだかつより)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての甲斐の武将・戦国大名。甲斐武田家第20代当主。武田二十四将の一人と数える場合もある。

当初は諏訪氏を継いだため、諏訪四郎勝頼、あるいは信濃・伊奈谷の高遠城主であったため、伊奈四郎勝頼ともいう。または、武田四郎、武田四郎勝頼とも言う。父信玄は足利義昭に官位と偏諱の授与を願ったが、織田信長の圧力によって果たせなかった。そのため正式な官位はない。

父は武田晴信(信玄)。母は信玄の側室である諏訪頼重の娘・諏訪御料人。正室は織田信長の養女・遠山夫人。継室に北条氏康の娘の北条夫人など。

信濃への領国拡大を行った信玄の庶子として生まれ、諏訪氏を継ぎ高遠城主となる。武田氏の正嫡である義信が信玄後期の義信事件により廃嫡されると継嗣となり、元亀4年(1573年)には信玄の死により家督を相続する。越後との対立から甲相駿との同盟を破棄し駿河へ侵攻、西上作戦を行い三河に進出した信玄の方針を継承し、織田信長、徳川家康と対峙するが、天正3年(1575年)長篠の戦いにおいて織田・徳川連合軍に大敗を喫する。以後急速に勢力が減退。越後と同盟し外交方針を転換するが、織田・徳川両氏と相模の後北条氏との両面作戦を余儀なくされ、領国の動揺を招く。政権末期には本国で新府城への府中移転により領国維持をはかるが、織田信長の侵攻(武田征伐)により失敗。1582年3月11日、天目山で自殺。これにより武田氏は滅亡した。

近世から近現代にかけて神格・英雄化された信玄との対比で武田氏滅亡を招いたとする否定的評価や悲劇の当主とする好意的評価など相対する評価がなされており、武田氏研究においても単独のテーマとしては扱わることが少なかったが、近年では新府城の発掘調査を契機とした勝頼政権の外交政策や内政、人物像など多様な研究が行われている。

武田晴信の四男として生まれる。生誕地や生月日は不明。母は信虎後期から晴信初期に同盟関係であった信濃諏訪領主・諏訪頼重の娘「諏訪御料人」(実名不詳、乾福院殿)で、諏訪氏は同盟関係が破綻したため天文11年(1542年)に滅ぼされ、諏訪御料人は晴信の側室として武田氏の居城である甲府の躑躅ヶ崎館へ迎えられた(『高白斎記』天文11年条)。

武田勝頼 - Wikipedia

1. 武田信玄・勝頼と家臣たち 〜真の武田軍団に迫る〜
2. 武田勝頼
3. 武田勝頼
4. 武田勝頼〜城と古戦場〜

★★★

ブロガー唖然!?『天地人』ほか、天地人話題&第1回〜第16回

★★NHK大河ドラマ『天地人』・話題★★★

★★★2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」★★★

2008年NHK大河ドラマ『篤姫』

NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』

posted by 天地人 at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『天地人』・キャスト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。