2009年04月27日

NHK大河ドラマ「天地人」第17回「直江兼続誕生」(徳川家康登場)

草なぎ剛“逮捕劇”で噴き出したこれだけの裏情報

★★★

ブロガー唖然!?『天地人』ほか、天地人話題&第1回〜第16回

★★★

男性が“なりたい顔”、1位は福山雅治
草なぎ剛さん謝罪会見「SMAPメンバーに戻りたい」

★★★

NHK大河ドラマ天地人」第17回「直江兼続誕生」(4/26)

天正10年。織田信長は天下統一を成すべく、強大な軍を東に進めます。強敵は武田と上杉。

天正9年(1581)9月

直江兼続妻夫木聡)の出世を快く思わない毛利秀広(長谷川公彦)は、信綱(山下真司)山崎専柳斎(石井洋祐)と口論になり、二人をきり殺してしまう。

信綱(山下真司)

「上杉を頼む・・」

責任を感じた直江兼続妻夫木聡)は上杉景勝北村一輝)に家老職から身を引きたいと願い出るが、受け入れてもらえない。

悩む直江兼続妻夫木聡)に上杉景勝北村一輝)と仙桃院高島礼子)は信綱(山下真司)の代わりに直江家を継ぐように言う。直江家は上杉の筆頭家老を勤める名門。

戸惑う直江兼続妻夫木聡)だったが、上杉家のため、主命だというその言葉に従う。

「夫婦だと思わずに同志だと思えばよい・・お船常盤貴子)は並みの女子ではない、家を守る、国を守ろうとする気概は男にひけをとらぬ。・・これは主命じゃ」

天正9年(1581年)10月、直江兼続妻夫木聡)はお船常盤貴子)の夫として直江家に婿入りし、上杉家家老直江兼続となる。

しかし、織田信長(吉川晃司)の越中侵攻の状況は厳しく、夫婦は顔を合わせる機会はありませんでした。

織田信長(吉川晃司)の軍勢は、着々と越後を包囲しつつあった。信長軍を食い止めるため、吉江(山本圭)安部(葛山信吾)が願い出て魚津城へ入る。

その頃、織田信長(吉川晃司)秀吉(笹野高史)の家臣、石田佐吉(小栗旬)と対面していた。

直接の部下にならないかと持ちかける、織田信長(吉川晃司)に、石田佐吉(小栗旬)は言葉巧みに断る。

「私が上様にお使えする定めであったならわが主より先にお会いしたはずです。天の采配には逆らえません。世に伯楽あり、しかる後に千里の馬あり・・私には上様が思われるほどの才覚はございません。私が千里の馬に見えるとすれば、それはひとえにわが主あってのこと・・おかいかぶりがすぎましょう・・・」

★★★

★【千里の馬は常に有れども伯楽は常には有らず

いかに才能のある者も、それを認めてくれる人がいなければ、力を発揮できない。「千里の馬」は、一日に千里も走ることのできる名馬。「伯楽はくらく)」は、もともと星の名で、天上で馬の世話をするのが役目であったというが、転じて馬の素養を見分ける人をいうようになった。 Sanseido Word-Wise Web [三省堂辞書サイト] » 【今週のことわざ】千里の馬は常に有れども伯楽は常には有らず

★★★

天正11年2月

信長軍は武田領に進攻、城を次々と攻め落としていく。武田の危機に、上杉景勝北村一輝)は援軍を送ろうとするが、勝頼(市川笑也)はこれを断る。しかし勝頼は側近にも裏切られ、自害。武田家は滅亡する。天正10年3月・・

そんな折、織田信長(吉川晃司)はささいなことから逆上し明智光秀(鶴見辰吾)を「遅すぎる・・」と足蹴(あしげ)にするが、それを徳川家康(松方弘樹)がとりなすのだった。

春日山では、気落ちしている菊姫(比嘉愛未)に、上杉景勝北村一輝)はこれからも妻でいてほしいと伝え、菊姫(比嘉愛未)は初めて夫婦であることを実感する。

「勝頼どののこと気の毒であった」

菊姫(比嘉愛未)

「武田が滅んでしまった今、私は何の値打ちもございません・・城を追われる覚悟はできております・・」

上杉景勝北村一輝)は

「そなたは妻じゃ。これからも夫としてわしを守ってくれ・・」

菊姫(比嘉愛未)

「今、初めて妻となれた思いが致します・・」

★★★

依然として信長軍の勢いは衰えず、ついに越後を包囲。そして魚津では激しい戦いが繰り広げられていた。

上杉景勝北村一輝)は魚津城に直ちに援軍を送ろうとする。しかし直江兼続妻夫木聡)は

「ここで動けば、信長の思うツボでございます・・」

大河ドラマ 天地人

魚津城
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
魚津城(うおづじょう)は、富山県魚津市にあった平城。別名、小津城、または小戸城。松倉城の支城のひとつ。天正10年(1582年)6月の本能寺の変時、魚津城の戦いの際柴田勝家率いる織田軍が攻囲していた城として有名。
伝承では、建武2年(1335年)椎名孫八入道によって築城されたという。戦国時代、椎名氏が上杉氏を離反すると、上杉氏の手に落ち、以後上杉氏の越中支配における重要拠点となり、河田長親が長く城代を務めた。天正10年(1582年)の魚津城の戦いで織田軍と上杉軍が凄まじい攻防戦が繰り広げた。

しかし、直後に本能寺の変の報が届いたため、織田軍は撤退し、すぐに上杉軍が奪回した。その後、天正11年(1583年)に態勢を整えた佐々成政により再び攻囲され、城将須田満親は降伏して開城し、上杉氏による支配が終わった。成政の没落後前田氏の治下では青山吉次などが城代を勤めたが、元和の一国一城令により廃城となったとみられる。

跡地は現在大町小学校および裁判所などの敷地となっており遺構は殆ど残っていない。魚津城 - Wikipedia

★★★

泉沢(東幹久)
父・樋口忽右衛門(高嶋政伸)
与七(小泉孝太郎)
仙桃院高島礼子
華姫相武紗季
上杉影虎(玉山鉄二)

上杉謙信阿部寛

御館の乱

★★★

ブロガー唖然!?『天地人』ほか、天地人話題&第1回〜第16回

★★★2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」★★★

2008年NHK大河ドラマ『篤姫』

NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。