2009年05月25日

NHK大河ドラマ「天地人」第21回「三成の涙」

「天地人」はこんなにヘンだ!(週刊朝日 2009年05月29日号配信

広末涼子 大河ドラマで“福山龍馬”の初恋相手

★★★

NHK大河ドラマ天地人」原作・火坂雅志、脚本・小松江里子

天地人』第21回「三成の涙」5/24

「キレイな花にはトゲがある・・」

石田三成は明治に行われた遺骨調査により、鼻筋がとおり、体は女性のように華奢だった。外見とは裏腹に切れ者として恐れられていたという。秀吉に気に入られるようになったきっかけは3杯のお茶・・一杯目はぬるく、2杯目は少々熱く、3杯目は熱いお茶を・・

石田三成は幼少の頃より寺で修行しながら育った

大河「天地人」ボーイズラブ風?で漫画化

天正13年(1585)

「貴殿はでしゃばりすぎじゃ、それでは景勝さまの立つ瀬はない、まっすぐで正直なのはよろしいが、何事もいきすぎるとアホウに見られます。」石田三成(小栗旬)

落水(おちりみず)の会見後(越後・落水城)の宴席で、けんか騒動を起こした、直江兼続妻夫木聡)と石田三成(小栗旬)

羽柴秀吉(笹野高史)は、幼い頃、自分には母がいたが、石田三成(小栗旬)は幼少の頃より、寺で修行しながら育った、初めて家に連れてきたとき、母や、ねねの作ったおにぎりを涙を流しながら食べていたのだ・・その後も知恵を磨けば磨くほど周囲には煙たがられるようになった・と石田三成(小栗旬)の生い立ちについて、直江兼続妻夫木聡)に話す。

石田三成(小栗旬)直江兼続妻夫木聡)は、席を抜け出し二人きりで話をする。

石田三成(小栗旬)は、直江兼続妻夫木聡)に越後の民だけではなく、日本国の民を思うことが大事であり、羽柴秀吉(笹野高史)はそのために天下人になろうとしているのだと話す。

直江兼続妻夫木聡)は、石田三成(小栗旬)のその言葉に心を動かされるが、「幸せといっても人それぞれ。国が豊かになったとしても友のいない暮らしは幸せとはいえない。いくら貧しくてもひとつの握り飯を分け合える仲間がいれば心は満たされる・・」

互いに興味を覚え、二人は別れる。人は自分にないものに惹かれるもの・・

一方、羽柴秀吉(笹野高史)上杉景勝北村一輝)の会見のことは、浜松の徳川家康(松方弘樹)のもとにも届く。

羽柴秀吉(笹野高史)と上杉の接近をけん制する徳川家康(松方弘樹)は、まず真田を攻略しようとする。

そんな折、仙桃院高島礼子)が、菊姫(比嘉愛未)が懐妊したと勘違いする出来事が起こる。上杉景勝北村一輝)から、騒ぎの収拾を任される、直江兼続妻夫木聡)。

その最中(さなか)、なぜか石田三成(小栗旬)が再び直江兼続妻夫木聡)を訪ねてやって来る。

石田三成(小栗旬)の相変わらずの横柄な態度に閉口する泉沢(東幹久)をはじめ上田衆たち。

「籠城するなdとは、上杉の先行きも見えている・・」
「女子の気を引くなど、中味のあるものの物言いとは思えぬ」
「おぬし達の粗忽な振る舞いは雲とう庵でろくに修行もせずに遊んでいたから・・」

その夜、直江兼続妻夫木聡)は帰ろうとする石田三成(小栗旬)を引き留め、宴(うたげ)を開く。

仲間の上田衆や百姓たちと陽気に騒ぐ直江兼続妻夫木聡)「よいではないか、とことんアホウになろう」

石田三成(小栗旬)は自分にはない、直江兼続妻夫木聡)の素直さ、人を思いやる姿を目の当たりにして、直江兼続妻夫木聡)への思いを改める。

「羨ましいな、俺とて本音は・・。アホウはアホウ・・しかしお前は違う、アホウにもなれる心を持っている、それが俺と違うところだ。
性分だから仕方がない・・」

このことがきっかけでお互いに認め合い、二人に友情が芽生えるのであった。

大河ドラマ 天地人

NHK大河ドラマ「天地人」第20回「秀吉の罠」21.6%

★★★

“歴女”の囲い込みでもNHKに後れをとっている民放の嘆き
五月人形、一騎打ち 政宗天下に迫る「愛」
【KANSAIハヤ耳】男の“勝負”下着「甲冑パンツ」
大河「天地人」ボーイズラブ風?で漫画化
NHK、大河ドラマ「天地人」でサブリミナル的?演出
NHK『天地人』織田信長役吉川晃司さんインタビュー(NHK・HPより)

★★★

NHK大河ドラマ「天地人」第19回「本能寺の変」20.2%
NHK大河ドラマ「天地人」第18回「義の戦士たち」16.7%
NHK大河ドラマ「天地人」第17回「直江兼続誕生」(徳川家康登場)20.1%
ブロガー唖然!?『天地人』ほか、天地人話題&第1回〜第16回

★★★2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」★★★

2008年NHK大河ドラマ『篤姫』

NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』

★★★

草なぎ剛が公然わいせつ容疑で逮捕

新型インフル:Q&A 症状や感染経路、治療方法は?

★★★


NHK大河ドラマ『天地人』石田三成(小栗旬)

「天地人」はこんなにヘンだ!(週刊朝日 2009年05月29日号配信

NHK大河ドラマ天地人

石田三成小栗旬)(2/1〜):10代の頃から秀吉に仕える。兼続とは同じ年で親友。きまじめで正直な性格が災いし反発を買うことも多く、豊臣家家臣の離反を招いてしまう。

石田三成いしだみつなり)は、安土桃山時代の武将・大名。豊臣政権の五奉行の一人。

永禄3年(1560年)、石田正継の次男として近江国坂田郡石田村(滋賀県長浜市石田町)で生まれる。幼名は佐吉。石田村は古くは石田郷といって石田氏は郷名を苗字とした土豪であったとされている(また、観音寺で学習していたとも言われる)。

羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)が織田信長に仕えて近江長浜城(長浜市)主となった天正2年(1574年)頃から秀吉の小姓として仕える(天正5年(1577年)説もある)。秀吉が信長の命令で中国攻めの総司令官として中国征伐に赴いたとき、これに従軍した。

関ヶ原の戦い:慶長5年(1600年)7月、三成は家康を排除すべく、上杉景勝・直江兼続らと密かに挙兵の計画を図る(この密約は無かったという説もある)[1]。その後上杉勢が公然と家康に対して叛旗を翻し、家康は諸大名を従えて会津征伐に赴いた。これを東西から家康を挟撃する好機として挙兵を決意した三成は、大谷吉継を味方に引き込もうとする。吉継は、家康と対立することは無謀であるとして反対したが、三成との友誼などもあって承諾した。これには秀吉存命の折の茶会で、らい病を患っていた吉継の膿が茶に落ちたとき余人が回し飲むのをためらった際、三成が吉継のためにそれを飲み干したためその友情に報いようとしたためという説もある。

9月18日に東軍の攻撃を受けて三成の居城・佐和山城は落城し、三成の父・正継をはじめとする石田一族の多くは討死した。

9月22日、大津城に護送されて大津城の門前で生き曝しにされ、その後家康と会見した。9月27日、大坂に護送され、9月28日には小西行長、安国寺恵瓊らと共に大坂・堺を罪人として引き回された。9月29日、京都に護送され、奥平信昌(京都所司代)の監視下に置かれた。

10月1日、家康の命により六条河原で斬首された。享年41。首は三条河原に晒された後、生前親交のあった春屋宗園・沢庵宗彭に引き取られ京都大徳寺の三玄院に葬られた。

また一説では、引き回された三成は影武者であり、本物の三成は高知へ逃げて自害したとも言われている。

太閤検地の企画発案者で、検地尺を定めるなど、大きな実績を残した。豊臣家奉行の筆頭格であり、優れた行政能力を持った官僚であったという評価は定着している。

毛利輝元は「かの仁、当時、肝心の人にて、なかなか申すに及ばず。大かた心得にて候(大いに気を使う)」、島津義弘は「江州佐和山の城主・石田治部少輔、太閤公の股肱の臣として、その勢威、比肩の人なし」、高野山の木食応其上人は「治少(治部少輔)、御奉行のその随一なる顔にて候つる。少しもそむけ候えば、たちまち身のさわりをなす仁にて候」とそれぞれ評し、三成が豊臣政権で絶大な権力を握っていたことをあらわしている。

不正を極度に嫌い、情実も介さず、常に自らの信念に基づいて豊臣政権の行政を司っていた。そのあまりな謹厳実直な性格が、周囲からは融通のきかない傲岸不遜、横柄な態度と映り、諸大名からの人望を得られず、加藤清正ら武功派諸将の三成襲撃、関ヶ原での大敗を招いた。

江戸時代には三成は悪人と見なされたが、明治に入ってもなお奸臣説が強く、秀次を讒訴したとか、秀吉自身は秀頼を家康に託すよう遺言したのに三成がそれに背き、天下を狙って家康と戦ったと説かれていた。三成の再評価を志した三井の朝吹英二は、三成の墳墓発掘などを行ったほか、歴史家・渡辺世祐に依頼し、渡辺は三上参次と協力して明治40年に『稿本石田三成』を上梓、三成奸臣説に論駁している。現在では実証的な評論が行われ、正確な三成像を描く模索が続いている。

石田三成 - Wikipedia

石田三成の生涯
石田三成(小栗旬) - @niftyテレビ番組表「天地人」特集
石田三成プロフィール
石田三成のページ
石田三成逸話集
YouTube - 戦国無双2-石田三成MOVIE-

★★★

“歴女”の囲い込みでもNHKに後れをとっている民放の嘆き
五月人形、一騎打ち 政宗天下に迫る「愛」
【KANSAIハヤ耳】男の“勝負”下着「甲冑パンツ」
大河「天地人」ボーイズラブ風?で漫画化
NHK、大河ドラマ「天地人」でサブリミナル的?演出
NHK『天地人』織田信長役吉川晃司さんインタビュー(NHK・HPより)

★★★

★★NHK大河ドラマ『天地人』・話題★★★
posted by 天地人 at 02:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『天地人』・キャスト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。