2009年09月21日

NHK大河ドラマ『天地人』第38回「ふたつの関ヶ原」

噂の深層 小栗旬株急落

NHK大河ドラマ天地人」原作・火坂雅志、脚本・小松江里子第38回「ふたつの関ヶ原」・9/20

1. 関ヶ原の戦い - Wikipedia

2. (わかりやすい)関ヶ原の戦い
3.
人間模様・関ヶ原/関ヶ原の戦い 4. 関ヶ原の戦い

慶長5年(1600年)9月、徳川家康(松方弘樹)は西へ進軍する。

そのころ、信州・上田では、真田昌幸(若松了)真田幸村城田優)親子が家康の嫡男・秀忠(配役なし)の大軍の行く手を阻んでいた。

一方、直江兼続妻夫木聡)は最上との戦の準備を整えていた。

上杉景勝北村一輝)は自ら出陣しようとするが、直江兼続妻夫木聡)に殿は城に構えるべき、と諭される。

美濃・大垣城では石田三成(小栗旬)の呼びかけに応じた諸将が集結。

総大将の毛利輝元(中尾彬)淀(深田恭子)とともに大坂城に構えていた。

家康率いる東軍は大坂を目指して進軍、石田三成(小栗旬)率いる西軍はこれを阻止しようと陣を敷き、両軍は関ヶ原で向き合う形となる。奥羽では、上杉軍が最上方の長谷堂城を包囲していた。

9月15日、関ヶ原で両軍が激突、奥羽でも上杉が長谷堂城攻めを開始する。

秀俊(上地雄輔)が動かないことを不審に思った石田三成(小栗旬)は自ら秀秋の陣に出向き説得。

だが、すでに秀俊(上地雄輔)は家康から寝返えるよう持ちかけられていた。

態度を決めない秀俊(上地雄輔)の陣に、家康は鉄砲を撃ち込む。驚いた秀俊(上地雄輔)は西軍を攻め始める。

かくして、西軍は総崩れとなり、島左近(若林豪)が自ら犠牲となって石田三成(小栗旬)を逃がす。

石田三成(小栗旬)初音(長澤まさみ)とともに脱出――。

西軍敗退の知らせを受けた、直江兼続妻夫木聡)は長谷堂城攻めから兵を引く。

しんがりを務めて必死に応戦する、直江兼続妻夫木聡)の脳裏に、石田三成(小栗旬)の姿が浮かんでいた

大河ドラマ 天地人

北政所(富司純子)
政宗(松田龍平)
愛姫(杏)

NHK大河ドラマ『天地人』第22回〜第37回

毛利輝元

安土桃山時代から江戸時代前期にかけての大名。豊臣政権五大老の一人であり、関ヶ原の戦いでは西軍の総大将として擁立された。長州藩初代藩主。

天文22年(1553年)1月22日、毛利元就の嫡男・毛利隆元の嫡男として安芸(現在の広島県)に生まれる。幼名は幸鶴丸。永禄6年(1563年)に父・隆元が急死したため、11歳で家督を継ぐ。しかし若年のため、祖父・元就が実権を掌握し、政治・軍事を執行した。永禄8年(1565年)、13代将軍・足利義輝より「輝」の一字を許され元服し、輝元と名乗り[1]、同年の月山富田城で初陣を飾る[2]。

元亀2年(1571年)、祖父・元就が死去すると[3][4]、毛利両川体制を中心とした重臣の補佐を受け、親政を開始する。天正2年(1574年)には15代将軍足利義昭からの推挙を得て、朝廷から右馬頭に叙任され、室町幕府の相伴衆ともなった。

関ヶ原の戦い [編集]
慶長5年(1600年)、徳川家康と石田三成による対立がついに武力闘争に発展。6月に家康が上杉景勝討伐に出陣すると、翌7月、遂に石田三成は挙兵。この時、三成は大谷吉継の進言に従って自身は総大将に就かず、徳川家康に次ぐ実力を持つ毛利輝元を西軍の総大将として擁立しようと画策する。安国寺恵瓊の説得を受けた輝元は、総大将への就任を一門や重臣に相談することなく受諾[6][7]。

輝元は7月17日、三成らに擁されて大坂城西の丸に入った[8]。 その後は西軍の総大将として大坂城にあったが、9月15日の関ヶ原本戦においては自らは出陣せず、一族の毛利秀元と吉川広家を出陣させるに止まった。そして三成ら西軍が壊滅した後の9月24日、立花宗茂や毛利秀元の主戦論を押し切り、徳川家康に申し出て、自ら大坂城から退去したのである。

家康率いる東軍と三成率いる西軍の争いで、西軍が負けると判断していた吉川広家は、黒田長政を通じて本領安堵、家名存続の交渉を家康と行っていた。関ヶ原本戦では吉川軍が毛利軍を抑える結果となり、毛利軍は不戦を貫いた。しかし徳川家康は戦後、輝元が西軍と関わりないとの広家の弁解とは異なり、大坂城で輝元が西軍に関与した書状を多数押収したことから、その約束を反故にして毛利輝元を改易し、その上で改めて吉川広家に周防・長門の2ヶ国を与えて、毛利氏の家督を継がせようとした。しかし広家は家康に直談判して毛利氏の存続を訴えたため、輝元は隠居、秀就への周防・長門2ヶ国の安堵となり、毛利本家の改易は避けられた。ただし、所領は周防・長門2ヶ国の37万石に大減封されたのである。

江戸時代 [編集]
関ヶ原の戦い後の10月、輝元は剃髪して幻庵宗瑞と称し、嫡男の毛利秀就に家督を譲ったとされている。これは家康が輝元に西軍総大将としての責任を問い隠居とし、周防・長門2カ国は秀就を宛名として与えたためである。実際にはこれ以後も法体のまま実質的な藩主の座にあった。慶長8年(1603年)には、輝元は江戸に出向き謝罪し、翌慶長9年(1604年)、長門萩城を築城し、居城とした[9]。

慶長19年(1614年)からの大坂の役においては、冬の陣で密かに重臣の内藤元盛を佐野道可と称させて大坂城に送り込む一方で(軍資金を提供したとも)、家康の命を受けると病を押して東軍として出陣するが、さしたる戦闘を毛利はほとんど行わないまま和議が豊臣・徳川の間で結ばれる。しかし、夏の陣ではなかなか出陣命令が出ず、痺れをきらした秀元隊が本隊より先駆けて豊臣軍相手に戦った(この行為は結果として家康から賞賛された)。

この大阪の役の軍役や江戸城などの手伝普請、江戸藩邸の建設でかさむ借財や、関ヶ原以後に生じた家中の分裂を解消すべく腐心した[10]。

元和9年(1623年)、正式に隠居した。

寛永2年(1625年)4月27日、萩の四本松邸で死去した。享年73(満72歳没)。このとき、長井元房という武将が殉死している(元房の墓所は輝元夫婦と同じ)。

若いとき、元就は輝元の酒量が多いことを自身の祖父、父、兄がともに酒好きで若死にしていることから心配し、尾崎局を通じて苦言を呈している。
器量と覇気に欠け、優柔不断で、3代目にありがちなお坊ちゃまであったと言われている。現に「機密をすぐ漏らす」など祖父・元就のぼやきを記した文書が残っている。教育係であった叔父の小早川隆景には容赦なく殴られるなど厳しい躾を受けていたといわれている。時代劇などでも凡庸な人物として描写されることが多い。
我侭で我の強い人物であったといわれ、天正17年(1589年)に家臣である杉元宣を殺害してその妻を奪ったという逸話が残っている。
一方で、慶長の役で日本軍の捕虜となった姜は、『看羊録』の中で輝元について「つつしみ深く、ゆったりと大らかで、わが国(朝鮮)人の性質によく似ている」と記している。
中国地方の太守の地位を維持できたことには、叔父の吉川元春・小早川隆景という2人の名将の存在が大きいといわれる。関ヶ原戦いの際には、既にこの両者や同じく叔父で重鎮の穂井田元清が死去し、輝元を補佐する人物がいなかったことが輝元にとって不幸であった。石田三成らに乗せられた輝元は、西軍の総大将として書状に「安芸中納言輝元」と署名、花押を捺印し、四国・九州にも軍勢を差し向けるなど、徳川家康への敵対行動を取り、結果として大幅な減封を招いてしまった。
長門移封後は、長州藩の支配体制の強化を目的に家臣団を整理・粛清した。血縁でもある熊谷元直一族や吉見広長を粛清する一方、外様の益田元祥を取り立てるなどしている。内政にも意を払い、藩政のほとんどを一族の毛利秀元や家臣の益田元祥らに委任し、自身は隠居しながらも後見役として院政を布いて、新田開拓や特産品を奨励し、長州藩の礎を築いた。
「佐野道可事件」は関ヶ原の失策を踏まえた意地による反抗とも見ることができ、「徳川憎し」の感情がこのような事件を引き起こしたのかも知れない。また、大坂の陣の当時、家臣に命じて密偵を派遣し、熊本城等の九州の諸城の図を作成させるなどしている。
関ヶ原の戦い後に毛利秀元の長府藩は支藩となり、吉川広家の岩国領は支藩となれなかったために、関ヶ原の件で吉川氏が冷遇されたとする見方があるが、秀元の大名昇格は秀元が毛利宗家の養嗣子となりながらその後廃嫡された代償として関ヶ原の戦いの前年に行われたものであり、直接的な関係は乏しい。輝元自身は秀元を小早川氏に代わる毛利両川の一方と位置づけ、吉川広家の嫡男に娘を嫁がせるなど、両者のバランスの維持に努めている。
長井元房の殉死の理由は、元房が一時期、萩を出奔していたが、その間輝元は密かに銀子を与えて元房を庇護し、帰参後、元房を再び家臣として以前と同様に遇したことに報いるためといわれている

毛利輝元 - Wikipedia

★★★

★★★2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」★★★

2010年NHK大河『龍馬伝』、龍馬の生母役で草刈民代がドラマ初出演
福山「龍馬」初見参…27日からポスター掲示

2008年NHK大河ドラマ『篤姫』

★★★

NHK来春朝ドラ『ゲゲゲの女房』水木しげる役に向井理 好きなキャラは「猫娘」

★★★

女性4人に1人が65歳以上…高齢者人口推計

酒井法子被告夫妻の勝浦別荘、ほぼ全焼
クレヨンしんちゃん 遺体は作者の臼井さんと確認
B級グルメNO.1は「横手やきそば」

★★★



NHK大河ドラマ『天地人』第22回〜第37回

NHK大河ドラマ天地人」原作・火坂雅志、脚本・小松江里子

史上空前の規模となった関が原の戦い・・天下分け目にふさわしく、日本中が東西の陣営に分かれて戦いました。

しかしもとを正せば関が原の戦いは、上杉を討伐するために始まったのでした。

徳川家康(松方弘樹)は、上杉を豊臣政権の反逆者と決めつけ、豊臣の名の元に集まった日本中の大名が、上杉に攻め込むように仕向けたのです

NHK大河ドラマ『天地人』第37回「家康への挑戦状」9/1321.6%

NHK大河ドラマ『天地人』第36回「史上最大の密約」視聴率20.4%

NHK大河ドラマ『天地人』第35回「家康の陰謀」19.9%
NHK大河ドラマ『天地人』第34回「さらば越後14.3%
NHK大河ドラマ『天地人』第33回「5人の兼継」20.3%
NHK大河ドラマ『天地人』第32回「世継ぎの運命」24.8%
NHK大河ドラマ『天地人』第31回「愛の花戦19.6%
NHK大河ドラマ『天地人』第30回「女たちの上洛」21.0%

伊達政宗(松田龍平)
NHK大河ドラマ『天地人』第29回「天下統一」21.9%
NHK大河ドラマ『天地人』第28回「北の独眼竜」21.8%
NHK大河ドラマ『天地人』第27回「余六と与七」その220.1%
NHK大河ドラマ『天地人』第27回「余六と与七」その120.1%
NHK大河ドラマ『天地人』第26回「関白を叱る」その220.3%
NHK大河ドラマ『天地人』第26回「関白を叱る」その120.3%
NHK大河ドラマ『天地人』第25回「天下人の誘惑」その220.7%
NHK大河ドラマ『天地人』第25回「天下人の誘惑」その120.7%
NHK大河ドラマ『天地人』第24回「戸惑いの上洛」22.0%
NHK大河ドラマ『天地人』第23回「愛の兜」22.0%
NHK大河ドラマ『天地人』第22回「真田幸村参上20.7%

★★★

上地雄輔、一足先に『天地人』の撮影を終え「本当に寂しい」
人気子役・加藤清史郎、兼続の長男・竹松役で『天地人』再出演
NHK「天地人」子役が歌手デビュー

小栗旬、主演映画記者会見に“坊主頭”で登場も「ドラマのため」
一度は見ておきたい松田龍平の旬の味
和服&マゲ姿にドキッ!小栗旬の時代劇が相次ぎ公開
社会派ドラマの台頭目立つ結果に! 09年上半期ドラマ視聴率10傑
11年度NHK大河ドラマは三代将軍・家光の生母・江(ごう)の生涯を描いた『江〜姫たちの戦国〜』に

大河ドラマ「天地人」から飛び出す女優は寡黙なこの人
「天地人」はこんなにヘンだ!(週刊朝日 2009年05月29日号配信
妻夫木、小栗ら“美少年武将”が続々登場!「天地人」コミックが携帯配信

★★★2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」★★★

2010年NHK大河『龍馬伝』、龍馬の生母役で草刈民代がドラマ初出演
福山「龍馬」初見参…27日からポスター掲示

2008年NHK大河ドラマ『篤姫』

★★★

NHK来春朝ドラ『ゲゲゲの女房』のヒロインに松下奈緒 好きな妖怪は「一反もめん」

★★★

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。