2009年10月26日

NHK大河ドラマ『天地人』第43回「実頼追放」

NHK大河ドラマ『天地人』第44回「哀しみの花嫁」

加藤清史郎くんに「まいった」 「天地人」の上手すぎる演技
<常盤貴子>長塚圭史と婚姻届提出「魂をしっかりと結ぶ」 公式サイトで発表

NHK大河ドラマ天地人」原作・火坂雅志、脚本・小松江里子第43回「実頼追放」10/25

大国実頼(小泉孝太郎)秀吉から官位と姓をもらい、秀吉に強い恩義を感じていました。関ヶ原の戦いのあとも豊臣家と深い関わりを持ち続けていました。断固として豊臣家への忠義にこだわる大国実頼(小泉孝太郎)と徳川へ近づく直江兼続妻夫木聡)は確執を深めていきます・・

慶長9年(1604年)夏、上杉景勝北村一輝)の側室が男子出産(玉丸)後に亡くなり、お船常盤貴子)が子を育てることになる。

上杉景勝北村一輝)は玉丸を抱こうとはしなかった・・

直江兼続妻夫木聡)の長女・お松(逢沢りな)と本多正信(松山政路)の次男・政重との婚礼の日が近づくが、京や大坂でその手はずを整えているはずの大国実頼(小泉孝太郎)からの連絡がとだえる。

心配した直江兼続妻夫木聡)は泉沢(東幹久)を派遣。

大国実頼(小泉孝太郎)は婚儀に反対していた。

「納得できぬ、なぜ本多から婿を取らねばならぬのじゃ・・」

泉沢(東幹久)

「これは上杉が残るための苦渋の決断・・」

大国実頼(小泉孝太郎)

「今、上方で上杉がなんと言われているか・・家康の前では腑抜けに成り果てたと・・生まれてこのかたこれほどみじめな気持になったことはない」

泉沢(東幹久)

「言わせておけばよい、風評などに惑わされてはならぬ・・兼継を信じることじゃ・・」

大国実頼(小泉孝太郎)を説得して正信へあいさつに行くが、その席で大国実頼(小泉孝太郎)が婚儀を勝手に断ってしまう。

「やはりこの話、ひとまずやめさせていただきたい・・こたびの婚儀、上杉家としてお受けしたものではない」

直江兼続妻夫木聡)は急きょ京へ行き、徳川家康(松方弘樹)の家臣・榊原(川野太郎)に非礼をわびるが、難題を突きつけられてしまう。

「謀反の心なきこといかにして示すか・・ようやくご嫡男がお生まれになったそうで・・江戸にて預かるということも・・」

直江兼続妻夫木聡)は

「こたびのことは直江家の問題、実頼(小泉孝太郎)を厳罰に処しますゆえ、主家にはとがめが及ばぬようなにとぞ・・」

榊原(川野太郎)

実頼(小泉孝太郎)のクビでももってこぬば納得できまいぞ」

実頼(小泉孝太郎)

「上杉の誇りを傷つけることだけは納得できないのです・・正重どのを婿に迎えることに不服の者は家中にも大勢おります、何度も申し上げたのに兄上はお聞きいれくださらなかった・・兄上の進まれている道は上杉の進むべき道なのですか」

直江兼続妻夫木聡)は

「そなたのその考えが、上杉を窮地に陥れているのだ

直江兼続妻夫木聡)は本多正信(松山政路)を訪ね、謝罪し覚悟を述べる。

「おとがめは甘んじて受けます・・しかし我らに徳川への逆臣は毛頭ございません、たしかに婚儀に異をとなえるものはおります、徳川の意のままになるのでは上杉も終わりと。愚弟実頼もそのひとり。しかし弟らは道を誤っております。義だ誇りだと声高に叫ぶものたちの心中にあるのはただ己の体面のみ。我らが思う義とはもっと大きなもの、それを実頼らにわからせることができなかったのはわが身の大いなる不覚。伏してお詫びいたします。

上杉をお疑いならば、米沢にて正重さま自身に判断いただきたい
悪しき兆候が得られたならば逃げも隠れもせずお裁きを受ける所存にございます

本多殿が政重どのを私どもにくださるお覚悟はなみなみならぬご決心があってのこと、それを決して無碍にはいたしません

政重どのを上杉に迎えることは我々にとって大きな誇りにございます

この婚儀、万難を排して成し遂げます。どうかなにとぞ。」

直江兼続妻夫木聡)の言葉に感じ入った本多正信(松山政路)は婚儀を了承。

米沢に戻った直江兼続妻夫木聡)は、大国実頼(小泉孝太郎)を高野山追放に処する。

いっそ死罪にしてほしいと懇願する大国実頼(小泉孝太郎)に、直江兼続妻夫木聡)は、

「そなたを救ってくださったのは本多正信(松山政路)どの。本多正信(松山政路)どのは我らの真意をわかってくださった、その上でみずから将軍家にとになしてくださったのじゃ・・

この世の中捨てたものではない・・生きるのじゃ、生きて罪を償えば希望も生まれる

実の弟をここまで追い詰めてしまった・・そなたの一家はわしが必ず面倒を見る・・

今生の別れでも、心はつねにおぬしとともにある・・」

高野山には真田幸村城田優)も追放された身でいた。

秋、桜井(松尾諭)たちが開墾地で採れた野菜を持ってくる。豊かな実りに希望の光を感じる家臣たち。

幸せな光景に幼い与七の姿を思い出した直江兼続妻夫木聡)は、一抹のさびしさを覚えるのだった。

★★★

嫡男・竹松(加藤清史郎

NHK大河ドラマ『天地人』第42回「将軍誕生」18.2%
NHK大河ドラマ『天地人』第41回「上杉の生きる道」17.7%
NHK大河ドラマ『天地人』第40回「上杉転落」18.6%

子役の加藤清史郎が作家デビュー〜加藤清史郎はいくらもらっているのか
噂の深層 NHK大河撮影現場も巻き込む深キョンのマイペースぶり

妻夫木聡 「愛のある現場」に涙、『天地人』スタジオ撮影終了

人気子役・加藤清史郎、兼続の長男・竹松役で『天地人』再出演
上地雄輔、一足先に『天地人』の撮影を終え「本当に寂しい」

NHK大河ドラマ『天地人』第39回「三成の遺言」19.5%
NHK大河ドラマ『天地人』第38回「ふたつの関ヶ原」20.0%
NHK大河ドラマ『天地人』第22回〜第37回

★★★2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」★★★

2008年NHK大河ドラマ『篤姫』

★★★

“新婚”坂井真紀、ブログでおノロケ
『ウェルかめ』人気の理由は

井上真央、しっとり大人の女、紫のドレスで登場!主演作が海外6か国からオファー!【第22回東京国際映画祭】
渡辺謙主演の映画「沈まぬ太陽」は今年一番の秀作


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。