2009年01月26日

NHK大河ドラマ『天地人』直江兼続(妻夫木聡)

NHK大河ドラマ天地人」1/4〜

戦国時代の乱世に愛の文字を兜に掲げ、自分の信じた道を生きた武将・直江兼続妻夫木聡)の生涯を描く。

原作:火坂雅志
脚本:小松江里子
語り:宮本信子

直江兼続妻夫木聡

上杉家家老。頭脳明晰で容姿端麗、明るく素直な性格の持ち主。

上杉謙信から学んだ「義」の精神を貫き、主君・上杉景勝(北村一輝)のため一生をささげた。

下克上の戦国時代においてその忠義ぶりは珍しく、豊臣秀吉(笹野高史)から家臣にと熱望されても、堂々と断った。

★★★

主人公。明朗快活で義に厚く、その生涯を主君・上杉景勝のために尽くした。

容姿端麗で、「愛」という字を前立にあしらった兜姿はつとに有名。その義臣ぶりは、戦国の世でもひときわ目立つ存在だった。位の低い出自であったにもかかわらず自分を認めてくれた景勝には終生、恩を感じ、位の高低、富の有無で人間の価値を決めるような見方には強く反発する。主君・景勝とともに上杉謙信の薫陶を受け「義」の精神、民を愛し、民と生きる心を受け継いだ。知勇兼備の名将。
大河ドラマ 天地人

★★NHK大河ドラマ『天地人★★★

『天地人』子役の泣ける演技で視聴者獲得
「天地人」泣ける7歳子役が泣かせる演技

NHK大河「天地人」最終回は11月22日
大河「天地人」好スタートは「篤姫」視聴習慣の賜物か

篤姫超え!NHK大河「天地人」24.7%
NHK大河「天地人」 初回は21・8%
リストラ経営者は直江兼続の爪の垢を煎じて飲め

来年の大河「天地人」は爆笑の連続か
妻夫木、大河オープニングに落胆「監督に殺されるところだった」
「独眼竜」渡辺謙の娘・杏、政宗の妻役で大河デビュー
「天地人」の重圧に押し潰されそうな妻夫木聡
来年のNHK大河 「天地人」 主要配役4人新たに決定
09年NHK大河ドラマ『天地人』、新キャストに小栗、上地らの名前
吉川晃司、信長で親孝行!85年NHK出禁で親不孝も大河初出演
常盤貴子に長澤まさみ「09年大河」気になる配役事情
北村一輝が準主役!妻夫木が仕える武将・上杉景勝
<妻夫木聡>「伝える使命感を感じる」 NHK大河ドラマ「天地人」で主役・直江兼続
主演は妻夫木聡さん=来年のNHK大河ドラマ「天地人」

★★★2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」★★★

直江兼続なおえかねつぐ)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。上杉氏の家老。

父は長尾政景に仕えた樋口兼豊(木曾義仲の重臣樋口兼光の末裔という)、母は信州泉氏の娘(直江景綱の妹説もある)。仙桃院(謙信の実姉で景勝の母)の推薦で、幼い頃から景勝に近侍していたといわれるが、当時の様子が窺える史料は皆無であり、父・兼豊の身分についても見解が分かれている。米沢藩の記録書「古代士籍」「上田士籍」では長尾政景家老、上田執事との記載がある一方、「藩翰譜」によれば兼豊は薪炭吏だったという。

のちに諱を重光と改めるが、通例では初名の「兼続」と呼ばれることが多い

通説では、兼続は永禄3年(1560年)に樋口兼豊の長男として現在の新潟県南魚沼市に生まれ、永禄7年(1564年)に「上田長尾家」長尾政景が死去すると、謙信の養子となった上杉景勝(当時の名乗りは長尾顕景)に従って春日山城に入り、そのまま景勝の小姓・近習として近侍していたとされているが、これを立証し得る信憑性のある史料は極めて少ない。

江戸時代後期の講談や明治時代以降の講釈本などを中心に、兼続は謙信に才気と美貌を見出され、小姓・近習として近侍し、その寵愛深い衆道の相手かつ信頼の篤い近臣であったという俗説が世間に「定説」として広く流布し、現代でも時代小説や一般向けの歴史解説本などがこの俗説を「事実」として頻繁に採り上げているが、実際には生前の謙信と兼続の関わりを示す信憑性のある史料は存在自体一切確認されておらず、青少年期の兼続が謙信に近侍していたか否かは全く不明である[1]。

次節で述べられている天正8年の樋口与六時代の書状は、当時の兼続が景勝の配下としてその意思を代行していたことを示すものであるとされ、若年期よりの兼続と景勝の関わりを実証し得るものとされている

天正8年(1580年)8月から、景勝への取次役など側近としての活動が確認できる。8月15日(9月23日)には景勝印判状の奏者をつとめている。天正6年(1578年)の御館の乱では父兼豊と共に景勝方に付いた。

天正9年(1581年)、景勝の側近である直江信綱と山崎秀仙が毛利秀広に殺害されるという事件が起きると、景勝の命で直江景綱の娘で直江信綱の妻であったお船の方の婿として結婚(お船の方にとっては再婚)し、跡取りのない直江家を継いで越後与板城主となる。以後、兼続と狩野秀治の2人の執政体制に入る

天正11年(1583年)には山城守を称する。天正12年(1584年)末から秀治が病に倒れると、兼続は内政・外交の取次のほとんどを担うようになる。秀治の死後、兼続は単独執政を行ない、これは兼続死去まで続くことになった。当時の家臣たちは、景勝を「御屋形」、兼続を「旦那」と敬称し、事実上、二頭政治に近いものであった。天正14年6月22日(8月7日)、上洛の最中、主君上杉景勝は従四位下・左近衛権少将に昇叙転任するが、兼続も従五位下に叙せられる

慶長3年8月18日(1598年9月18日)に秀吉が死去すると、次の天下人として徳川家康が台頭するようになる。石田三成と懇意にあった兼続は、家康との対立を決意する。そして徳川家との融和を主張した上杉家重臣・藤田信吉と対立して追放に追い込み、さらに家康の度重なる上洛要求も拒むなどして、やがて関ヶ原の戦いの遠因となる会津征伐を引き起こした。

このときに家康を激怒させ、会津遠征を決意させる直接のきっかけとなった直江状の筆者として有名であるが、文面自体は後世の偽作であるともいわれている(家康家臣の日記等から、上杉側から何らかの返書があり、これを見て家康が激怒したこと自体は確かなようである)。

関ヶ原の戦いでは、兼続は東軍に与した最上義光の領地である山形に、総大将として3万人の精鋭を率いて侵攻した。義光は戦力集中の為、一部の支城の放棄を命じたが、畑谷城を守る義光の家臣・江口五兵衛などはこの命令を拒否して篭城、上杉軍はこれらの激しい抵抗を排除して攻略した。その後、同じく義光の家臣で、志村光安が守る長谷堂城と里見民部が守る上山城を攻める。5百名が守備する上山城攻めには4千名の別働隊があたり、守備側は野戦に出た。上杉軍は約8倍の兵力を持ちながら守備側に挟撃され、大混乱の末に多くの武将を失うなど、守備側の激しい抵抗に遭って攻略できず、別働隊は最後まで兼続の本隊に合流できなかった。長谷堂城攻めでは、兼続率いる上杉軍本隊が1万8千名という兵力を擁して力攻めを行ったが、志村光安以下1千名の守備兵が頑強に抵抗し苦戦する。逆に守備側2百名余りの決死隊の奇襲によって上杉軍陣中で同士討ちが発生するほどの大混乱に陥り、兼続の本陣近くまで攻められるという事態を招く。この戦いで上杉方の武将・上泉泰綱が戦死するなど多数の被害を出した(長谷堂城の戦い)。

その頃、美濃では関ヶ原本戦が行われていた。本戦で西軍が敗れた事が奥州に伝わると、上杉軍は長谷堂城攻略を中止して撤退を開始した。勢いに乗った最上軍と義光救援のために伊達政宗が援軍として派遣した留守政景軍が追撃してきて激戦になるが、水原親憲、前田利益ら上杉勢の諸将の奮戦もあって、米沢への撤退に成功した。この撤退戦は語り草となり、兼続は敵である義光、家康にも称賛され、旧日本陸軍参謀本部の日本戦史でも取り上げられているほど、見事なものだったという。

結果として上杉軍の最上侵攻は、山形の攻略が成らなかったばかりか、逆に反撃に出た最上軍に庄内地方を奪回され、また伊達軍の福島侵攻を誘発した。

慶長6年(1601年)7月、景勝とともに上洛して家康に謝罪する。家康から罪を許された景勝は出羽米沢30万石へ減移封となり、上杉氏の存続を許された。

その後は徳川家に忠誠を誓い、慶長13年1月4日(1608年2月19日)に重光に改名する。そして米沢城下に堤防を築いて町を整備し、殖産興業・鉱山の開発を推進するなど、米沢藩の藩政の基礎を築いた。その一方で上杉家と徳川家の融和を図り、本多正信とも交流があり慶長14年(1609年)には正信の取り成しで10万石分の役儀が免除されるなど上杉家に大きく貢献している。また、正信の息子である本多政重が一時兼続の養子となっていた時期がある。政重とは養子縁組が解消されても親交が続いている。

慶長19年(1614年)からの大坂の陣においても、徳川方として参戦し、武功を挙げた。

元和5年12月19日(1619年1月23日)、江戸鱗屋敷で病死した。享年60。

直江兼続 - Wikipedia


NHK天地人」 : 大河ドラマ情報
大河ドラマ 天地人 http://www3.nhk.or.jp/taiga/

天地人 (NHK大河ドラマ) - Wikipedia

NHK大河ドラマ天地人」特集 - @niftyテレビ番組表

天地人直江兼続生誕の地 新潟県南魚沼市

直江兼続 - Wikipedia

直江兼続とは?

直江兼続

天地人直江兼続米沢.com



posted by 天地人 at 04:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『天地人』・キャスト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。