2009年01月12日

NHK大河ドラマ「天地人」第2回「泣き虫余六」

NHK大河「天地人」最終回は11月22日

大河「天地人」好スタートは「篤姫」視聴習慣の賜物か

篤姫超え!NHK大河「天地人」24.7%
NHK大河「天地人」 初回は21・8%

リストラ経営者は直江兼続の爪の垢を煎じて飲め

NHK大河ドラマ天地人」1/4〜

戦国時代の乱世に愛の文字を兜に掲げ、自分の信じた道を生きた武将・直江兼続妻夫木聡)の生涯を描く。

「愛」という字を前立にあしらった兜・・「愛」は「愛染明王」又は「愛宕権現」からの由来といわれている。兜は米沢市上杉神社稽照殿や米沢市の宮坂考古館に保管されている

原作:火坂雅志(2006年に発表)

脚本:小松江里子(2007年朝の連続テレビ小説『どんど晴れ』)

語り:宮本信子

NHK大河ドラマ天地人1/11第2回泣き虫余六

永禄7年(1564年)冬、5歳の与六(後の兼続/加藤清史郎)喜平次(後の景勝/溝口琢矢)とともに、越後上田庄の寺・雲洞庵で修業生活をしていた。

北高全祝(加藤武)は、「己の不安を取り除くにはどうしたらよいか??己の不安を取り出してみよ・・」という問いに、喜平次(後の景勝/溝口琢矢)は「不安というものは形のないもの・・形のないものは取り出せません・・」・・・与六(後の兼続/加藤清史郎)は・・熱心にとんぼの絵を描いていました。

喜平次(後の景勝/溝口琢矢)の様子を心配する仙桃院高島礼子)に、北高全祝(加藤武)は・・「始まったばかり・・見守ることが大事、忍耐も就業のひとつ・・」と話します。

鉄砲を見せるために、父・樋口忽右衛門らがやってくる・・

「父上、耳が痛い・・」

父・樋口忽右衛門与六(後の兼続/加藤清史郎)を抱き上げ、「お前は近づきすぎじゃ・・」と言うものの・・すぐに「しっかり見ろ・・」と与六(後の兼続/加藤清史郎)の背中を押します。

与六(後の兼続/加藤清史郎)の様子を心配する父・樋口忽右衛門に、北高全祝(加藤武)

始まったばかりじゃ、ほんに今の親は子供の成長を焦りすぎる・・」

お土産にもらった京都の干菓子を、与六(後の兼続/加藤清史郎)は、「母上に・・」と父・樋口忽右衛門に差し出します。

母・お藤田中美佐子)は「大事にとっておきます」・・弟の与七は・・「わしも兄じゃのようにこの家を出されるのか?」と。

与六(後の兼続/加藤清史郎)は捨てられたと思っているであろうと」案ずる父・樋口忽右衛門お藤田中美佐子)は

「大事ありません、余六は北斗の七星(ほくとのななほし)であると信じております」

永禄8年(1564年)冬

坂戸城では、上杉輝虎(後の謙信/阿部寛)が姉・仙桃院高島礼子)に喜平次(後の景勝/溝口琢矢)は大将の器だと言い、さらに、与六は北天の王を守る北斗の七星だと、語り合うのだった。

そんな二人の思いを知らず、与六は寂しさもあってかたくなになっていました。生意気ゆえに、住職である、北高全祝(加藤武)にに叱られてばかりで友もいない。一方、喜平次(後の景勝/溝口琢矢)は無口さゆえに、周囲の子どもたちと馴染めずにいた。

ケンカをし、罰として雪の中でのたきぎ用の木を取ってくることを命じられ、戻った与六は、「寒かったろう?痛かったろう」といたわりの言葉をかける、北高全祝(加藤武)に「寒くはない、痛くはない」と意地を張り・・

「意地をはっていたは人と交わることはできんぞ・・手当ては無用、食事はなしじゃ・・」

様子を見た、喜平次(後の景勝/溝口琢矢)に与六は

「ワシはこんなとこ本当は来たくはなかった・・あの家で父や母と暮らしたかった・・どうしてワシを呼んだのじゃ、小姓などなりたくなかった・・」

与六はさみしさから実家を目指し雪の中、雲洞庵から抜け出す。

気づいた、喜平次(後の景勝/溝口琢矢)は、北高全祝(加藤武)にどうしたらよいか尋ねる。

北高全祝(加藤武)

「それを決めるのは私ではありません。喜平次どのが与六を本当に家臣にしたいかどうかが大事・・」

好かれていないと言う、喜平次(後の景勝/溝口琢矢)

「素直な気持をおつたえなされ・・」

喜平次(後の景勝/溝口琢矢)は与六の後を追う。

何とか実家にたどり着いた与六だったが、母・お藤田中美佐子)に追い返される。

「母の子ではないと言ったはず・・越後の子になったのですよ・・」

家の前で座り込み、「もう歩けぬ」という与六に喜平次(後の景勝/溝口琢矢)は背中を差し出す・・

喜平次はそんな与六に「母上はお主を捨てたのでない。この喜平次にくだされたのだ。わしの側にいてくれ」と語りかける。
この温かい言葉にむせび泣く与六。与六と喜平次の心が通った瞬間だった。

喜平次(後の景勝/溝口琢矢)

「ワシはあまり語らぬ・・皆がもてあましているのも知っている・・けどそなたには話せる・・寺に来てくれて本当に嬉しかったのじゃ。そばにいてくれないか・・いつまでもわしのそばにいてくれ・・泣き虫じゃな、与六は・・」

与六は「涙がでて止まらぬ・・もう頑張れぬ、頑張るのはいやじゃ・・」

喜平次(後の景勝/溝口琢矢)

「それでよい、泣くとすっきりするじゃろー。ワシは泣かぬ、上に立つものはみだりに泣いてはならぬのじゃ・・」

与六は「喜平次さまの隣にはいつもワシはおる、なにがあっても側におる・・」

★★★

時は流れ、天正元年(1573年)、越後と信濃の国境近くの川中島の妻女山。14歳になった直江兼続妻夫木聡)と同じく上杉景勝北村一輝)の家臣・泉沢久秀(東幹久)が武田の様子を探っていた。

すると二人の前に武田軍の重臣・高坂弾正(大出俊)が姿を現す。上洛中であるはずの武田軍に不穏な動きがあると感じる直江兼続妻夫木聡)。

一方、天下統一を目指す織田信長(吉川晃司)は武田信玄を迎え撃つため、兵を進めていた。 天下の情勢は大きく変わろうとしていた。

大河ドラマ 天地人

天地人紀行

春日山城跡(上杉謙信公銅像)へ
JR「春日山」より「春日山下」下車 徒歩20分

豊臣秀吉笹野高史
与六(後の兼続)の父・樋口惣右衛門高嶋政伸
母・お藤田中美佐子

政景の妻・喜平次(後の景勝)の母、仙桃院(高島礼子

NHK大河ドラマ「天地人」第1回「5歳の家臣」視聴率21.8%

ドラマに出演していたらつい見てしまう男性有名人ランキング 2009

★★NHK大河ドラマ『天地人』・話題★★★

★★★2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」★★★

2008年NHK大河ドラマ『篤姫』

★★★

NHK天地人」 : 大河ドラマ情報
大河ドラマ 天地人 http://www3.nhk.or.jp/taiga/

天地人 (NHK大河ドラマ) - Wikipedia

NHK大河ドラマ天地人」特集 - @niftyテレビ番組表

天地人直江兼続生誕の地 新潟県南魚沼市

直江兼続 - Wikipedia

直江兼続とは?

直江兼続

天地人直江兼続米沢.com

NHK 大河ドラマ 天地人 直江兼続 妻夫木聡 北村一輝

★★★

長澤まさみ Fカップ巨乳解禁!?
安達祐実とスピードワゴン井戸田が離婚 3年3か月の結婚生活にピリオド


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。