2009年04月25日

NHK大河ドラマ『天地人』武田勝頼(市川笑也)

ブロガー唖然!?『天地人』ほか、天地人話題&第1回〜第16回

★★★

男性が“なりたい顔”、1位は福山雅治
草なぎ剛さん謝罪会見「SMAPメンバーに戻りたい」

★★★

NHK大河ドラマ天地人第17回「直江兼続誕生」(4/25)

武田勝頼市川笑也):武田信玄の四男。信玄の死で家督を相続した。長篠の戦いで織田・徳川連合軍に敗れ、武田家は衰退していく。上杉家の後継者争い「御館の乱」で、それまで対立していた越後と同盟を結び、妹の菊姫を景勝に嫁がせる。しかし、信長の武田攻めで追い詰められた末に自害。武田家は滅亡する。
大河ドラマ 天地人

武田勝頼たけだかつより)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての甲斐の武将・戦国大名。甲斐武田家第20代当主。武田二十四将の一人と数える場合もある。

当初は諏訪氏を継いだため、諏訪四郎勝頼、あるいは信濃・伊奈谷の高遠城主であったため、伊奈四郎勝頼ともいう。または、武田四郎、武田四郎勝頼とも言う。父信玄は足利義昭に官位と偏諱の授与を願ったが、織田信長の圧力によって果たせなかった。そのため正式な官位はない。

父は武田晴信(信玄)。母は信玄の側室である諏訪頼重の娘・諏訪御料人。正室は織田信長の養女・遠山夫人。継室に北条氏康の娘の北条夫人など。

信濃への領国拡大を行った信玄の庶子として生まれ、諏訪氏を継ぎ高遠城主となる。武田氏の正嫡である義信が信玄後期の義信事件により廃嫡されると継嗣となり、元亀4年(1573年)には信玄の死により家督を相続する。越後との対立から甲相駿との同盟を破棄し駿河へ侵攻、西上作戦を行い三河に進出した信玄の方針を継承し、織田信長、徳川家康と対峙するが、天正3年(1575年)長篠の戦いにおいて織田・徳川連合軍に大敗を喫する。以後急速に勢力が減退。越後と同盟し外交方針を転換するが、織田・徳川両氏と相模の後北条氏との両面作戦を余儀なくされ、領国の動揺を招く。政権末期には本国で新府城への府中移転により領国維持をはかるが、織田信長の侵攻(武田征伐)により失敗。1582年3月11日、天目山で自殺。これにより武田氏は滅亡した。

近世から近現代にかけて神格・英雄化された信玄との対比で武田氏滅亡を招いたとする否定的評価や悲劇の当主とする好意的評価など相対する評価がなされており、武田氏研究においても単独のテーマとしては扱わることが少なかったが、近年では新府城の発掘調査を契機とした勝頼政権の外交政策や内政、人物像など多様な研究が行われている。

武田晴信の四男として生まれる。生誕地や生月日は不明。母は信虎後期から晴信初期に同盟関係であった信濃諏訪領主・諏訪頼重の娘「諏訪御料人」(実名不詳、乾福院殿)で、諏訪氏は同盟関係が破綻したため天文11年(1542年)に滅ぼされ、諏訪御料人は晴信の側室として武田氏の居城である甲府の躑躅ヶ崎館へ迎えられた(『高白斎記』天文11年条)。

武田勝頼 - Wikipedia

1. 武田信玄・勝頼と家臣たち 〜真の武田軍団に迫る〜
2. 武田勝頼
3. 武田勝頼
4. 武田勝頼〜城と古戦場〜

★★★

ブロガー唖然!?『天地人』ほか、天地人話題&第1回〜第16回

★★NHK大河ドラマ『天地人』・話題★★★

★★★2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」★★★

2008年NHK大河ドラマ『篤姫』

NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』



posted by 天地人 at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『天地人』・キャスト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。