2009年11月15日

NHK大河ドラマ「天地人」◆真田幸村(城田優)

家康と2度戦った男・・真田幸村

関ヶ原の戦い家康率いる東軍に敗れた幸村は九度山に追放された。

しかし大坂の陣を前に豊臣家から呼ばれ、大坂城へ。

幸村は防御の弱い大坂城の南側に「真田丸」と呼ばれる出城を建設。そこに徳川勢をひきつけ撃退。家康を苦しめた。

現在も大阪市天王寺区にある三光神社には陣中指揮姿の幸村像がある。

真田幸村城田優):天才軍師。若い頃人質として上杉家へ。兼続に温かい待遇を受け感激し、兄と慕う。

NHK大河ドラマ『天地人』第22回「真田幸村参上」

真田信繁さなだのぶしげ)は、安土桃山時代から江戸時代初期の武将。永禄10年(1567年)とされる生年は没年の49歳から逆算されたもので、月日は不明。

武田信玄の家臣であった真田幸隆の孫。大坂の役で活躍。特に大坂夏の陣では、寡兵を持って徳川本陣まで攻め込み、徳川家康を後一歩のところまで追いつめたとされる。江戸期以降、講談や小説などで真田十勇士を従えて大敵徳川に挑む天才軍師真田幸村さなだゆきむら)として取り上げられ、広く一般に知られることになった

講談などの影響で「真田幸村(さなだゆきむら)」の名で広く知られているが、信繁直筆の書状を始め、信繁が生きていた同時代の史料で「幸村」の名が使われているものは存在しない。従って歴史上の人物の名としては「信繁」が正しい。講談などで語られる「幸村」の活躍に関しては後述する真田幸村の節を参照のこと。

「幸村」の初出は江戸時代の寛文12年(1672年)成立の軍記物語『難波戦記』にあり、その本が爆発的に売れたため、「幸村」とすることのほうが一般的となり、後には兄・信之の子孫である松代藩の史書にまで「幸村」が採用された。

新井白石著の藩翰譜に、幸村と記載されている。

「幸」は真田家(厳密には真田家の主家にあたる海野家)の通字であり、「村」については信繁の姉の村松や、信繁の子孫が仕えた伊達家当主の伊達綱村、徳川家を呪ったとされる妖刀村正に由来しているとする説などがある。

「幸村」という名は信繁の死後100年以内で広まっているため、真田昌幸の死後に昌幸の片諱を継承して実際に「幸村」と名乗ったのではないかとの推測もある。ただし、可能性としてありうるものの「幸村」という名が記された史料が見つかっておらず、現状では立証が不可能である。

夏の陣での死の二ヶ月前に「幸村」と改名したため、という説もあるが史料に残っていない。大阪冬の陣と大阪夏の陣の半ばの慶長20年2月に叔父にあてた手紙や、兄・姉にあてた手紙にも信繁の名がある。

真田信繁 - Wikipedia

. 家康が最も恐れた男 真田幸村 - Wikipedia
. 真田幸村の生涯
. 日本一の兵 真田幸村 / 真田氏の館 三代録
. 真田幸村(城田優) - @niftyテレビ番組表「天地人」特集

★★★

大河ドラマ「天地人」から飛び出す女優は寡黙なこの人

「天地人」はこんなにヘンだ!(週刊朝日 2009年05月29日号配信

広末涼子 大河ドラマで“福山龍馬”の初恋相手

NHK大河ドラマ天地人」原作・火坂雅志、脚本・小松江里子

天地人

妻夫木、小栗ら“美少年武将”が続々登場!「天地人」コミックが携帯配信
天地人」はこんなにヘンだ!(週刊朝日 2009年05月29日号配信

天才子役の加藤清史郎、「天地人」に再登場・・6/7

NHK大河ドラマ「天地人」第21回「三成の涙」21.0%

★★★2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」★★★
広末涼子 大河ドラマで“福山龍馬”の初恋相手

2008年NHK大河ドラマ『篤姫』



posted by 天地人 at 08:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『天地人』・キャスト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。