2009年10月13日

NHK大河ドラマ『天地人』第41回「上杉の生きる道」

「福山龍馬」にうっとり…広末涼子も太鼓判

★★★

子役の加藤清史郎が作家デビュー〜加藤清史郎はいくらもらっているのか
噂の深層 NHK大河撮影現場も巻き込む深キョンのマイペースぶり

妻夫木聡 「愛のある現場」に涙、『天地人』スタジオ撮影終了

NHK大河ドラマ天地人」原作・火坂雅志、脚本・小松江里子第41回「上杉の生きる道」10/11

関ヶ原の戦いで負けた西軍側には厳しい制裁は待っていました。結果、全国には浪人が増えました。

領土が減っても、家臣は手放さないと決めた上杉の新たな領土米沢は1500人を収容するのがやっと・・移住するのは約3万人・・大変な逆境からの出発となりました・・

慶長6年1601年・10月

関ヶ原の戦いの後、上杉は会津百二十万石から米沢三十万石へと移され、直江兼続妻夫木聡)は上杉の民とともに米沢へ入る。

米沢城には謙信のなきがらが春日山から移されていた。

家臣を勇気づけようとする、上杉景勝北村一輝)の配慮である。

謙信を前に家臣の士気も高まる。

米沢へ入った、上杉景勝北村一輝)は、家臣たちに上杉を離れずについてきてくれたことに礼を言い、頭を下げる。その姿に胸を打たれる直江兼続妻夫木聡)たち。

藩政を預かる直江兼続妻夫木聡)は苦しい財政に頭を痛め、解決策として松川に石堤(いしづつみ)を作ることを提案、さらに家臣から開墾に加わる者を募る。

「そんな金がどこにあります・・明日の米も心配なのに・・希望は腹の足しになりますか・・」

直江兼続妻夫木聡)は

「開墾した土地は私領を認める、自らの手で食い扶持をつなぐのだ、立派な仕事であろう・・」

家臣が反発するなか、桜井(松尾諭)が開墾を引き受けると申し出る。

「重臣であるわしが動けば、若い連中も動くかもしれん・・・」

そんな折、直江兼続妻夫木聡)の娘・お松(逢沢りな)と本多正信(松山政路)の次男・政重(画面には登場せず)との婚儀が決まる。

直江兼続妻夫木聡)はこの話を樋口忽右衛門(高嶋政伸)に打ち明ける。

「昔、父上に言われたことを時々思い出します・・

良い面がさむらいの面とはかぎらん、一生懸命に働くものの面はみな良い面じゃ。田んぼや畑を一生懸命耕している百姓たちも良い面をしておる・

まさに父上の言われた言葉に間違いはないと・・おのおのに生きる道があるのだとつくづく悟りました。竹松にも上杉にも・・」

家督を継ぐと信じていた竹松(加藤清史郎)はショックを受ける。

竹松(加藤清史郎)は雨の中、出て行ってしまう・・樋口忽右衛門(高嶋政伸)

「父上は私のことが嫌いなんです・・

樋口忽右衛門(高嶋政伸)は竹松(加藤清史郎)に、5歳で親と別れた直江兼続妻夫木聡)の話を聞かせ、父の愛を疑ってはいけないと諭す。

「昔、その父も親に捨てられたと泣いたことがあった・・景勝さまの小姓にならねばならぬときにのう。

そなたの父は強情でのう、嫌じゃと言い張り、このような納屋に閉じ込めたのじゃ・・

おまえのばばさまは幼いからこたびだけは勘弁してくれと言ったのう・・

だが

そなたは紅葉になるのです・・もみじのような家臣になりなさい。そのためにはこの家を出て景勝さまに仕えるのです・・母の子ではなく越後の子となるのです・

親としてわが子を犠牲にせねばならぬは、どれだけつらいことか・・

竹松・・父の愛を疑うでないぞ・・そなたの父は誰よりそなたのことを思っているのだからな・・」

雨にあたって寝込んだ竹松(加藤清史郎)を直江兼続妻夫木聡)は必死に看病する。

その姿に父の愛を感じた竹松(加藤清史郎)は、家督の件を納得する。

「ずっとついていてくださったのですか・・」

直江兼続妻夫木聡)は

「許せ・・皆のことを考え道はないと思ったのじゃ。そのことでそなたを苦しめるとわかっていてもな・・恨むなら父を恨むが良い・・」

竹松(加藤清史郎)は

「父上も泣かれたのでございますな、紅葉の下で・・おじじさまがお話くださいました・・父の愛を疑ってはならぬと・・」

直江兼続妻夫木聡)は樋口忽右衛門(高嶋政伸)に感謝し

「私はいくつになっても父上に助けられてばかりですな・・時には、私を支え励まし、時には叱咤激励し、時には私の影となり・・竹松には父上のような父でありたいと思います」

樋口忽右衛門(高嶋政伸)

「なにを申すか・・わしこそお前が誇りよ・・わしは真に良き息子を持った・・」

数日後、樋口忽右衛門(高嶋政伸)の娘・お貞(てい・緑友利恵)の祝言が決まる。

後日、樋口忽右衛門(高嶋政伸)は静かに息を引き取った。

「なすべきことをやった・・思い残すことはないと・・」

上杉景勝北村一輝)は

「そなたは戦場でこそ功を立てることはなかった。しかし今こうして上杉があるのはそなたのおかげじゃ・・」


徳川家康(松方弘樹)
お船常盤貴子

NHK大河ドラマ『天地人』第40回「上杉転落」18.6%

人気子役・加藤清史郎、兼続の長男・竹松役で『天地人』再出演
上地雄輔、一足先に『天地人』の撮影を終え「本当に寂しい」

NHK大河ドラマ『天地人』第39回「三成の遺言」19.5%
NHK大河ドラマ『天地人』第38回「ふたつの関ヶ原」20.0%
NHK大河ドラマ『天地人』第22回〜第37回

★★★2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」★★★

2008年NHK大河ドラマ『篤姫』

★★★

フジ・長野翼は離島出身で“代打専門”
さんま 長女IMALUの破局報告

キムタクの母親が朝日新聞の「ひと」欄に登場のりピー本の出版ラッシュ 気になる内容とその見所

ダウンタウン松本人志に第1子の女児誕生「彼女が20才の時、僕は66才です」


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。